« January 2018 | Main

February 2018

February 02, 2018

「企業ホームページから「ブラック企業を見破る」裏ワザ

昨日のブログのエントリが、めちゃくちゃ読まれてます。


ハローワークに頼って転職先・就職先を探していると、おそろしく時間がかかる可能性があるということですね。(くわしくは、昨日のエントリを読んでください)

なぜ、ハローワークに頼って転職・就職先を探していると、おそろしく時間がかかる可能性があるのか、もう一度簡単にまとめますね。

・ハローワークは無料で求人表が出せる。求人表を出す企業が本気で採用を考えていない場合が多い。

・ハローワークの求人票は、企業が求める人物の年齢制限や性別を書く事が、原則としてできない。

そのため、はなから自分が採用されない求人に、お金を使って、履歴書を送り続けることになる

転職、就職を急ぐ人に、転職サイトの利用を勧めるのは、こういった理由からです。

転職サイトは、有料で広告を出しています。ですから、基本的に、採用の意思が高い企業しか広告を掲載していません。

また、求人表に書けない企業が採用したいと考える人物の年齢制限や性別も、求人サイトは、プロフィールを登録した時点で、対象外の求人案件は表示されなくなるか、応募してもすぐにお断りメールが届くように設計されてます。

ただ、転職サイトも、若い人の転職に強い。ミドルエイジの転職に強い。IT,、医療などの専門職に特化したサイトがあります。

自分の年齢や、職業によって、転職サイトも使い分ける必要がありますね。

20代~30代の転職で一番強いのは、マイナビでしょうね。

第二新卒の採用募集に強いので、これから転職したいという20代の方にはお勧めですね。20代~30代の方は、リクナビも強いです。

どちらにも登録して、応募数を増やせば、一ヶ月程度で少なくとも最終面接に進める人が大多数だと思います。(一般的に転職は3ヶ月程度かかるといわれてます。)

さて、今回のエントリのテーマですが、「企業ホームページからブラック企業を見破る」という方法です。

今時、自社のホームページを持っていない企業はまずありません。

会社の体制がなっていないブラック企業は、まず、どこかにボロを出しています。

たとえば、企業ホームページに以下のような特長があったら要注意です。

・企業代表の写真が掲載されていない(表に出ると困ることがあるから、代表者が写真を掲載しない)もしくは、写真は掲載されているものの、サラリーマンらしく見えない(ベンチャー企業は必ずしもそうではありませんが)

・写真素材だけで、企業ホームページを作っている(自社の様子を見せていない)

・関連会社に、その企業が本業としている企業とは関連性が薄い関連会社がある。
(たとえば、IT企業なのに、飲食店を運営している)

・ホームページの色が、暗色系(黒など)
(表に見せたくないことがある企業は、無意識的にホームページに暗色系を使う傾向があります)

・業種にそぐわない場所に、本社がある。(金融業なのに、飲み屋街の貸しビルの中にあるなど。顧客に悪印象を与える場所に、まともな会社はオフィスを設けない。何かウラがある場合が多い)

ざっとこんなところでしょうか。
もちろん、これだけでは100パーセント、ブラック企業とはいえません。
ですから、関心を持てば、応募して面接時にさらにチェックして、「クロ」かどうか見破ればいいのです。

このテーマ、メールで問い合わせをくれた方もいますので、何回かにわけてエントリしたいと思います。

せっかく、就職・転職した企業が、ブラック企業だったら身もふたもないですからね。

このあたりのくわしい話は、自著、「うちの職場は隠れブラックかも」で書かせていただいています。

残念ながら、出版社が倒産してしまったので、中古本しか手に入らないかもしれませんが、就職・転職活動中の方は、アマゾンで入手して、就職転職活動の参考にしてみてください。

| | TrackBack (0)

February 01, 2018

(裏側を暴露)ハローワークを使うと転職が遅れる理由

まだまだ寒いですけど、もうすぐ年度末。
この時期、転職や就職を考えている人も多いと思います。


ただ、気になるのは転職先がブラック企業の可能性がないか。

今より、悪い条件で働かないといけないなら、転職する意味がないですもんね。

ブラック企業は、求人表とホームページを見るだけで8割は見抜けます。

そのあたりは、拙著「うちの職場は隠れブラックかも」で書いてますので、ご一読を

出版社さんが倒産したので、今ならアマゾンのマーケットプレイスで手に入るんじゃないかと思います。

その本の中で書き切れなかった「転職の際のリスク」ってのも、実はいっぱいあるんですね。

今日はその一つをお伝えしましょう。転職の際は、ハローワークを利用すると、転職が遅れるリスクがあるということです。

これは、本当に気をつけてほしいと思います。
なぜ、転職の際にハローワークを利用すると転職が遅れるリスクが高いのか。

それは、無料で求人表を出せるので、とりあえずハローワークに求人を出してみようという企業が相当数あるからなんですね。

つまり、積極的に採用する意思がないのに、求人票を出す企業がそれなりにあるんですね。
つまり、応募するだけ空振りに終わる可能性が高い。

ハローワークで応募するリスクはもう一つあります。

ハローワークの求人票って、法律の制限で特定の条件の場合を除いて、年齢制限・性別が書けないんですね。

ハローワークに出す企業は、「何歳までの人を採用したい」「男性だけを採用したい」といった希望を必ず持っています。

つまり、求人票に書かれたことをうのみにして応募し続けると、いつまでだっても転職先が決まらないってことになりかねません。

特に、現在離職していて、新しい勤務先をできるだけ早く探さなければという人は、お金が行き詰まって、生活保護の利用を検討しなければいけない可能性すら出てきます。

僕は、転職を急いでいる人は、民間の求人サイトを利用するように勧めています。
その理由ですが、求人サイトは企業がお金を出して広告を掲載するので、採用する意思が高いからなんですね。

では、年齢制限や性別で、応募がはねられることは?

実は、求人サイトも、特定の理由がない限り、年齢制限や、採用したい性別を書く事はできません。

ですが、応募者のプロフィール登録から年齢を判断して、一定以上の年齢の人や、特定の性別の人には求人表自体が表示されない機能がついてるんですね。

守秘義務があるのでくわしくかけませんが、求人広告のライターをやっていたので、これは、主要な転職サイトに全て機能として備わっています。

一部そういった機能がない転職サイトもありますが、応募したとたんに、書類選考落選のメールが自動的に返信されるようになってます。

ですから、転職サイトにプロフィール登録して、表示される求人は、もれなく採用される可能性があるというわけです。

また、ハローワークで求人票を出す企業の多くは、書類選考の段階で、履歴書を郵送しなければならない場合が多いです。

当然、お金も時間もかかりますし、一度に応募できる企業数が限られます。
加えて、企業が希望する年齢制限などの条件がかけないばかりに、応募した時点で履歴書を見てももらえない場合が相当数あるわけです。

転職サイトなら、プロフィールと履歴書・職務経歴書を登録してさえおけば、書類選考の応募は、ボタンを押すだけ。

履歴書や職務経歴署といった書類は、面接の際に持参する形になりますので、無駄がありません。
はっきりいって、早く転職を決めるには、応募数が多ければ多いほど早く決まります。

このことからいって、よほど関心がある求人でもない限り、ハローワークで応募するのはお勧めしません。

現在、雇用保険を受給している方は、ハローワークで求職することが雇用保険の給付条件だったりしますから、それは仕方ないです.

だけど、別途、転職サイ>トで気になる求人にどんどん応募したほうが、間違いなく早く転職先は決まりますね。

ただ、転職サイトでも、若い人は採用率が高いけど、年配の方は難しいといった独特のカラーがあります。

若い人なら、おすすめはリクナビかマイナビですね。


IT関係やクリエイティブ関係なら@TYPEが圧倒的に強い。

看護師や医師といった専門職は、業界の人脈をたどって転職する方も多いでしょうね。

とはいえ、人脈のしがらみがイヤで転職されるという方も多いと聞きます。

そういった方は、専門職に特化した転職サイトを利用して、働きやすく、かつ収入アップを目指すのも良いのではないでしょうか。

友人の医師が転職した時、やはり専門の転職サイトを利用したといっていました。

医師の場合、卒業した大学と縁が切りにくいといった問題もあるらしいですね。

専門職に特化した転職サイトは、コンサルタントが一人一人の希望に添った転職条件を探してくるサイトが多いように思います。

人脈や業界のコネクションを頼りに転職するのがいやな方は、専門職転職サイトを利用するのもいいのではないでしょうか。

医療・介護系の転職サイトでおすすめなサイトをあげておきますね。
医師の転職と医療賠償保険加入サービスは民間医局がおすすめ。


看護師さんの転職ならナース人材バンク

介護関係の転職なら、カイゴジョブですね

転職・就職の裏ワザは、自著でも書ききれないことがまだまだあるので、追って紹介していきますね。

| | TrackBack (0)

« January 2018 | Main