« ビーツと鉄鍋で鉄分不足を補おうと思います。 | Main | アトピー持ちは、保湿ケアで悩みますよね »

January 29, 2018

眠る時のエアコン暖房 のどがガラガラになりません?

先週の月曜日の大雪が、まだ溶けずに残ってますね。
立春が近づいているせいか、まだ寒さが厳しい気がします。

みなさん、自宅で過ごされる時の暖房ってどうされてます?

エアコンでお部屋を暖めるという方も多いと思うのですけど、エアコンの暖房って乾燥しません?
そのために加湿器を使っている方も多いと思います。
たしかに、最近は安価で、すぐれた加湿器がありますね。
3000円くらいからあるみたいですね。中には、アロマの香りを楽しんだりできるものもあるようで。
でも、医療関係者の友人に聞いたんですが、定期的に消毒しないとカビや細菌がはびこって、不衛生になりがちなんだそうです。
最近の空気清浄機は、プラズマクラスター機能がついていて、細菌やウイルスを除去してくれるようですから、単に加湿器を使うよりも、加湿機能付きの空気清浄機を使ったほうがいいのかもしれませんね。
ただし、お値段は少し高くなって、15000円くらいが相場のようです。
加湿器って、基本的に冬しか使いませんから、加湿器を買うよりも、加湿機能がついた空気清浄機を使ったほうが、結局お得な気がします。
また、先にお話したように、細菌やウイルス対策のための、プラズマクラスター機能がついているので、加湿機能を使っても衛生的だろうなとは思います。
「加湿器や空気清浄機を使いたくない」という方は、灯油ストーブを使うという手もありますね。
小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では火傷したりといった、注意が必要ですが、エアコンと違って部屋が乾燥しにくいメリットがあると思います。
なにより、エアコンは停電した時に一切使えなくなってしまいますから、災害対策のために備えるという方法もあるかと思います。
昔ながらの灯油ストーブの中には、上に鍋ややかんをかけて加熱調理ができるもの(やかんをかけてお湯を沸かせば、加湿器の代わりになりますね)は、風情がありますし、トータルでみれば、光熱費の節約にもなります。
昔、この時期おいしいシチューなどの料理を、昔はよくストーブの上にかけて煮込んだものです。
上に、やかんや鍋を乗せて加熱できる灯油ストーブは、1万円しないので、暖を取ったり、食事の補助に使うのにもいいかもしれませんね。
ただし、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭は、火傷したりといったおそれがありますし、就寝時には、火災の恐れがありますから、消さないといけないというデメリットもあります。
かといって、就寝時にエアコンの暖房をつけっぱなしにしていると、部屋の空気が乾燥して、喉がガラガラになったりしかねません。
エアコン+加湿機能付きの空気清浄機を使って眠るというのがベターかもしれません。
そうそう、眠る時に暖かく眠るには、「湯たんぽ」がお勧めですね。
若い方は、ご存じないかもしれません。
中に熱湯を入れて、お布団の足下に入れておくと、お布団全体が温まるというものです。
使い方も簡単。お湯を沸かして中に入れるだけ。これだけで一晩、お布団の中が暖かくなります。
昔は、アルミ製の湯たんぽしかなくて、よく火傷しそうになったものですが、最近はポリプロピレンの火傷しにくいものも安価で出回っているようです。
個人的には、ポリプロピレン製の湯たんぽのほうが使い勝手がよいので、愛用しています。
いったん、熱湯を入れると朝までお布団が暖かいですから、お勧めです。
安価ですから、導入されてみるといいかもしれませんね。

|

« ビーツと鉄鍋で鉄分不足を補おうと思います。 | Main | アトピー持ちは、保湿ケアで悩みますよね »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48258/66335905

Listed below are links to weblogs that reference 眠る時のエアコン暖房 のどがガラガラになりません?:

« ビーツと鉄鍋で鉄分不足を補おうと思います。 | Main | アトピー持ちは、保湿ケアで悩みますよね »