« December 2017 | Main | February 2018 »

January 2018

January 31, 2018

冬場でも脱水症状になりうるってご存じでした?

今日のニュースでやってました。


中学生のお子さんが、長距離走のゴール後に、心肺停止状態に陥ったという、ショッキングなニュース。

持病があるお子さんだったのかなと思ったんですが、原因は汗をかきすぎて脱水症状を起こしたのだそう。

脱水症状というと、夏場に起こるという、イメージがありますよね。

実は、スポーツをしない方でも、冬場でも汗をかくのだそうです。スポーツをする時ならなおさら。
ただ、冬場って汗をかいてもすぐに体が冷えますから、汗をかいた実感が得られない。

その結果、汗と一緒に水分と電解質を失って、身体に異常をきたすことはじゅうぶん考えられるのだそうです。
また、夏場と違って、冬場は喉の渇きを感じにくいですよね。
お医者さんに取材したところ、運動していなくても、脱水症状を起こすことはじゅうぶんありうるのだそう。

人間が一日に補給すべき水分は成人で2リットル程度と言われていますが、あたたかい飲み物でも、それだけ飲むのは難しいですよね。

加えて、ナトリウムやカリウムといった、身体の正常な働きに必要な成分も、補給しにくいのが現状かもしれません。

スポーツ(特にウインタースポーツ)を楽しむ方は、意識して水分補給されるほうがいいですね。運動の時には必携だと思うほうがベストでしょう。

また、自宅で過ごしていても、暖房のせいで、気づきにくいものの汗はかいてますから、呼気で体の中の水分は失われてしまいます。

ですから、意識して適宜水分を取るようにするのは大事ですね。

ただ、冬場はどうしても意識して水分を取るのは難しいですから、イオン飲料で、水分と電解質を補給するというのもいいでしょうね。


イオン飲料といえば、大塚製薬のポカリスエットが有名ですが、大塚製薬によると、ふつうに水を飲むよりも水分や電解質が吸収されやすいんだそうです。

科学的なエビデンスはありませんが、なぜか女性の方は、水分を取るのが苦手という方が多いような気がします。

そういった方は、こういったイオン飲料で、必要な水分と電解質を補給するのもいいかもしれませんね。飲み物が苦手な方向けに、ゼリー状の商品もあるようなので、そういった製品を利用するのもいいかもしれません。


スポーツ(特にウインタースポーツ)を楽しむ方は、水分補給は必須だと意識して、安全にスポーツを楽しんでくださいね。

| | TrackBack (0)

January 30, 2018

アトピー持ちは、保湿ケアで悩みますよね

なかなか気温があがってくれないので、寒さ対策・乾燥対策がほんと大変。


エアコンつけて寝ると、喉がガラガラになるので、もっぱらお布団に湯たんぽを入れて快適に夜を過ごしてます。


加えてもう一つ悩みなのが、アトピー対策。実は、20歳を過ぎてアトピーを発症しまして、この時期は四苦八苦してます。

もちろん、皮膚科の先生に定期的に相談していて、塗り薬と医療用の保湿剤を処方してもらってます。
おかげさまでコントロールできているのですけど、皮膚科の先生から処方してもらってる保湿剤は体だけにしか塗ってはだめらしく、ひどい時はヒゲを剃ったあととか、粉をふいたみたいな状態になるんですね。

さすがに辛くて、皮膚科の先生に相談したんですが、ワセリンというお薬を出してもらえることになりました。

ただ、ひげそり後とか、お風呂上がりに塗ると、保湿感がイマイチなんですね。
たちまち乾燥してきて、カサカサしてくる感じなんですよ。

で、皮膚科の先生に市販の保湿剤とかローションみたいなの使ってもよいか相談しました。

皮膚科の先生がおっしゃるには
市販の化粧品は、場合によっては悪化することがあるので、パッチテスト(少量だけつけてみて、炎症がひどくならないかテストすること)を必ずやってくださいとのこと。

加えて説明いただいたのは、「お医者さんに処方してもらう保湿剤でも、合わない場合があるので、同じように様子を見て、使用後にかゆみが出たり、赤くなったりするようなら、いったん中止して相談してください」とのことでした

つまり、皮膚科の先生から処方してもらった塗り薬を使うのは絶対ですけど、さらに保湿効果を求めるなら、市販の化粧品か、皮膚科の先生がすすめるものを、体に合うか試しながら使ったほうがいいってことですね。

で、私も色々試してみて、ようやく体に合う保湿剤が見つかりました。
これ↓


渋谷油脂さんのSOCヒアルロン酸ローション
たっぷり入って、800円くらいですね。有り難いです。
友人から勧められて「まあ、ダメ元で使ってみるか」と思って試してみたんですが、僕の体には合ってるようで、いい状態が保ててます。

保湿作用が高い「尿素(にょうそ)」という成分が入った製品だと、塗ったとたんにヒリヒリしだして、とても使い続けられなかったんですね。

これはしみたりしないし、ひげそり後に使っても粉をふくほど乾燥したりしないので、とても助かってます。

僕の世代だと、スキンケア製品自体を使うのに、抵抗がある男性も多いと思うんですけど、極度の乾燥が起きるなら背に腹は替えられませんよね。

(正直、僕も使うまで抵抗がありました。スキンケア用品というと女性が使う物というイメージが強かったので)
とはいえ、いくら肌が荒れてても、ひげそりとかやらないわけにはいかないですし。

皮膚科の先生のお薬を使うのは絶対ですが、それでも肌が乾燥するなら、皮膚科の先生に相談した上で、自分に合う保湿剤を探すのがベターですね。

まあ、おかげさまでうまくアトピーとつきあえてます。

| | TrackBack (0)

January 29, 2018

眠る時のエアコン暖房 のどがガラガラになりません?

先週の月曜日の大雪が、まだ溶けずに残ってますね。
立春が近づいているせいか、まだ寒さが厳しい気がします。

みなさん、自宅で過ごされる時の暖房ってどうされてます?

エアコンでお部屋を暖めるという方も多いと思うのですけど、エアコンの暖房って乾燥しません?
そのために加湿器を使っている方も多いと思います。
たしかに、最近は安価で、すぐれた加湿器がありますね。
3000円くらいからあるみたいですね。中には、アロマの香りを楽しんだりできるものもあるようで。
でも、医療関係者の友人に聞いたんですが、定期的に消毒しないとカビや細菌がはびこって、不衛生になりがちなんだそうです。
最近の空気清浄機は、プラズマクラスター機能がついていて、細菌やウイルスを除去してくれるようですから、単に加湿器を使うよりも、加湿機能付きの空気清浄機を使ったほうがいいのかもしれませんね。
ただし、お値段は少し高くなって、15000円くらいが相場のようです。
加湿器って、基本的に冬しか使いませんから、加湿器を買うよりも、加湿機能がついた空気清浄機を使ったほうが、結局お得な気がします。
また、先にお話したように、細菌やウイルス対策のための、プラズマクラスター機能がついているので、加湿機能を使っても衛生的だろうなとは思います。
「加湿器や空気清浄機を使いたくない」という方は、灯油ストーブを使うという手もありますね。
小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では火傷したりといった、注意が必要ですが、エアコンと違って部屋が乾燥しにくいメリットがあると思います。
なにより、エアコンは停電した時に一切使えなくなってしまいますから、災害対策のために備えるという方法もあるかと思います。
昔ながらの灯油ストーブの中には、上に鍋ややかんをかけて加熱調理ができるもの(やかんをかけてお湯を沸かせば、加湿器の代わりになりますね)は、風情がありますし、トータルでみれば、光熱費の節約にもなります。
昔、この時期おいしいシチューなどの料理を、昔はよくストーブの上にかけて煮込んだものです。
上に、やかんや鍋を乗せて加熱できる灯油ストーブは、1万円しないので、暖を取ったり、食事の補助に使うのにもいいかもしれませんね。
ただし、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭は、火傷したりといったおそれがありますし、就寝時には、火災の恐れがありますから、消さないといけないというデメリットもあります。
かといって、就寝時にエアコンの暖房をつけっぱなしにしていると、部屋の空気が乾燥して、喉がガラガラになったりしかねません。
エアコン+加湿機能付きの空気清浄機を使って眠るというのがベターかもしれません。
そうそう、眠る時に暖かく眠るには、「湯たんぽ」がお勧めですね。
若い方は、ご存じないかもしれません。
中に熱湯を入れて、お布団の足下に入れておくと、お布団全体が温まるというものです。
使い方も簡単。お湯を沸かして中に入れるだけ。これだけで一晩、お布団の中が暖かくなります。
昔は、アルミ製の湯たんぽしかなくて、よく火傷しそうになったものですが、最近はポリプロピレンの火傷しにくいものも安価で出回っているようです。
個人的には、ポリプロピレン製の湯たんぽのほうが使い勝手がよいので、愛用しています。
いったん、熱湯を入れると朝までお布団が暖かいですから、お勧めです。
安価ですから、導入されてみるといいかもしれませんね。

| | TrackBack (0)

January 28, 2018

ビーツと鉄鍋で鉄分不足を補おうと思います。

お正月明けに、内科の先生を受診して検査を受けたんですが、鉄分不足だといわれました。

男性で、鉄分不足が疑われる場合は、腸から出血していたりとかいった、早急な治療が必要な場合があるので、そのために受診したんですが、結果はセーフ

あまりにも鉄分不足がひどい場合は、鉄剤と呼ばれるお薬をのんで回復を図るそうですが、そこまででもないとのことで、正直ほっとしています。

単純にサプリメントを使ったりするのはイヤなので、(お金かかるし)あんまりその手のものを飲みたくない。

そんなわけで、食生活を栄養面から改善していくことにしました。

料理記事を書いてるくらいなので、栄養面も考えて私生活では食事を作っているつもりですが、偏っていたんですかね。うーん。

鉄分が多い食材といえば、ひじきやほうれん草、ビーツなどです。
ビーツってなじみがないですけど、ロシアの有名な料理「ボルシチ」とかに使われる野菜です。
ほうれん草の仲間で、キレイな赤い色をしてるんですが、缶詰だと200円くらいで買えるのでまとめ買いして備蓄しておこうかなと思います。
普通の食料品店やスーパーには、あまり置いてないので、アマゾンでまとめ買いするのがお得かもしれません。

ちなみに缶詰でもビーツの鉄分は、壊れないみたいですね。
ただ、お医者さんいわく、ヘム鉄といって、鉄分は動物性の食品から取ったほうが好ましいのだとか。
動物性の食品で鉄分が多い物といえば、レバーでしょうけど、そんなに毎回食べられるわけじゃないですものね。(食べる機会は増やしていきますけど)
食材以外の方法だと、鉄製のフライパンや鍋を使うと、鉄分が少しずつしみ出して、鉄分不足を補えるのだそうです。
アマゾンだと2000円しないので、こちらに買い換えてみようかと思います。
最近は、鉄製でも、それなりに軽いものがあるみたいですね。
テフロンコートのフライパンは、軽くて便利ですけど、長い目で見れば、鉄でできたフライパンのほうが長持ちするし、鉄分不足にも役立つならベターですよね。
鉄製のフライパンを使い始める時は、野菜くずなんかを炒めて、使用後は食用油を塗っておくと、どんどん使い勝手がよくなります。料理人の方いわく、上手に使うと20年くらい使えるのだとか。
それと、使い込んだ鉄製のフライパンは、料理の味も違いますしね。特にオムレツを焼いた時は、テフロンコートのフライパンとは、あきらかに違う焼き上がりになります。
アマゾンで探していたら、軽くて使いやすそうな鉄製フライパンがありました。
これにしようかと思ってます。
料理をされない方は、鉄瓶(てつびん)でお湯を沸かすという方法もあるそうですが、アマゾンで検索したら、なかなかしぶい感じなんですね。
これも悪い方法じゃなさそうですけど、僕はとりあえず、鉄製のフライパンを導入してみようと思います。

| | TrackBack (0)

January 04, 2018

仕事はじめから、みんな殺気だってますね、今年は

今日は世間的に「仕事はじめ」

もちろん、お勤めの方の中には長期休暇をとって、まだ休んでいる人もいるんでしょうけど、大体、お仕事しに会社に行かれてますよね。
僕は年越しで仕事をしていたので、仕事始めもへったくれもないんですが(ついでに言うなら仕事納めもなかった……)今日はたまたま朝から都内に出る用事があったんで、電車にのりました。
したらば、あーた、人が多いこと多いこと。しかも乗り換え駅なんかは殺気だってるじゃないですか。
お正月休みで疲れが取れて、スイッチ入ってる方がいらっしゃるのか、はたまた、休み足らなくてイライラされてるのか。たぶんどちらもいらっしゃるんでしょうね。
しかし、日本って、大多数の人が休んだら一気にがーっと休んじゃうのに、大多数の人が動き出したら、いっせいに動き出すんだよな。
ほら、プレミアムフライデーってのが出来たじゃないですか?
実際、ほとんどの企業は採用してないみたいですけど、あれがメジャーになったら、みんな早上がりしたくなくても早上がりしないやつは非国民だ、みたいな雰囲気になりそうですよね。
極端な話、プレミアムフライデーに早上がりして、仕事を自宅に持ち帰ったりなんていう、よくわからん状態の人もいるような気がします。
新年早々、エネルギーに満ちているのはいいですけど、無理はしちゃまずいですよね。
まだまだ寒さが厳しいし、お正月疲れが出るころですから、このブログ読んでくださってる方は、マイペースで行動されてくださいね。養生って言葉もありますから。

| | TrackBack (0)

January 03, 2018

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。あっという間に新年も明けて3日過ぎたわけですが、毎年元旦から仕事をしているのでご容赦ください。

去年はよく考えると多岐にわたるジャンルで仕事をさせていただきました。
えーと、ライター業でしょう? 映画宣伝の仕事でしょう? 作詞家、フードコーディネーター、服飾デザイナーでしょう、あとちょっとだけ俳優業も
自分の性格を考えると、複数のことを同時にやることって、なかなかできないし力が分散するので今年は、本業のライター業に力を集約して頑張っていきたいと思います。(単行本も出してないしね)
そんなわけで、今年も皆様よろしくお願いいたします。

| | TrackBack (0)

« December 2017 | Main | February 2018 »