« July 2017 | Main

August 2017

August 20, 2017

なぜ本の著者は図書館で自著を借りられると怒るのか 印税のカラクリ

元朝日新聞社の記者で、現在フリーになった稲垣えみ子さんの記事がプチ炎上しているようですね。

なんでも、自著で書いたことについて、行政機関に呼ばれてお話する機会を得た際に、自分が書いた本が、図書館から借りられた本で、いたく傷ついたというのが概要。
僕も本を出しているので、稲垣さんのいわんとされたいことはよくわかります。
僕がもし、その現場に居合わせたら、傷つくどころか、勉強会に参加した役人全員を、助走をつけてグーで殴ってシメていたことでしょう。(ぐっふっふっふ)

「いい大人が勉強会開くなら、千円そこそこの本くらい自腹で買わんかい」、と。

本を一冊書くとしたら最低3ヶ月は楽にかかるんですよ。(超人的に筆の速い作家さんもいるでしょうけど)。下手したら半年、数年越しも制作がかかることがありえます。


実用書やノンフィクションであれば、書いている内容を保障するために、資料を読み込んだり、実際に取材して調べるため、時間もお金もかかるんですね。
(加えていうなら、書くテーマが告発的な内容なら、裁判で訴えられるリスクもある)

ぶっちゃけた話、出版社さんから「次はこういった本を出しましょう」といった打診があっても、ノンフィクションや実用書の場合、制作費用が出るなんてことはまずありません。
自分でアルバイトするなり、他の仕事をしながら日銭を稼ぎつつ、ほんとうに書店さんに並ぶかどうかもわからない本の制作にお金を突っ込み、さらに時間を費やしてひたすら原稿を書くわけですね。
で、めでたく本が書店さんに並んだとします。
ここまでで、著者にとっては涙涙なのですが、次なる試練が待っておるわけです。

本が出たからといって、それまで突っ込んだ自腹の制作費を回収できるとは限らんのですわ。これが。

大多数の出版社は、著者への報酬支払いについて、印税形式を取っています。
(「印税長者」だの「印税生活」という言葉は、どこかで聞いたことがある方も多いかと思います。)
この「印税」なる報酬も、ちょっと変わっていて、本が売れても売れなくても、新しく本を印刷したぶん報酬をくれる制度なんですな。
最近は、ノンフィクションや実用書は、初版(書店さんに最初に送り出す本)を3000部から5000部に設定している会社が多いと思います。
一般的に印税は販売価格の10パーセントというのが相場なので、仮に1500円の本なら、1冊あたりの印税は150円ということになります。
で、3000冊~5000冊印刷されれば、45万円から75万円の印税が入ってくるわけですが、もし、自腹で突っ込んだ制作費がこの金額を上回っていれば、3ヶ月から半年も時間をかけて仕事したのに、ウン十万単位で赤字を背負うわけです。
最近は、印税形式どころか、実売形式(まんま新品の本が売れた時に印税払いますよってシステム)の報酬で、本を出す会社さんも増えました。
てなわけで、本が出た時点で、生活費を全部突っ込んだ馬券を握りしめたような状態になってる著者さんもいるはず。
はらはらしながら、自分の本が売れてくれるのを祈っているわけですね。

困ったことに、「印税」なる報酬は、新しい本が印刷されないと著者には一円も入りません。
つまり、ブックオフやアマゾンマーケットプレイスで「古本」を買ってもらっても、著者としては1円もお金が入らないわけです。印税が発生するのは、アマゾンの新刊本や書店に並んでいる本のみです。

本の評判がよくて、「売れそうだ」と出版社が判断した場合、出版社は追加の本を印刷して書店に並べます。
重版といいますが、さらに売れれば3刷、4刷というように、追加で印刷していきます。つまり、著者にも報酬が入るので、制作費回収ができて、黒字になるわけですね。
ところが、ブックオフやアマゾンのマーケットプレイスで買う方が増えると、出版社は増刷を見送ります。著者は事実上、赤字を背負うことになります。
新刊を出したばかりの著者に対して、ブックオフやらアマゾンマーケットプレイスで本を買うことを推奨するのは、阪神タイガースのファンの中で、ジャイアンツの選手を応援するくらいひんしゅくを買うことだと思ってください。

つうか、印税生活なんて優雅なもんじゃなくて、マジで借金漬けになりかねませんから。
ちなみに、僕のところにも「ブックオフやアマゾンマーケットプレイスで買いました」なんてメールを送ってくる方がいるわけですが、(悪意なくね)
しかも、本を買ったんだからなにがしのサービスをしろという方までいらっしゃるわけですが(ツイッターのアカウントが書いてあってフォローしろとかいうメールを受け取ったことがあります。やなこった)
著者側としては、儲かる儲からない以前に、次の本を書くことが出来なくなるので、本当に困るというのが正直なところです。
新しく本を書くために、他の仕事をして貯金をしなければいけないなんてケースも珍しくありません。
古本と新品を比べても、せいぜい数百円の違いだと思いますので、「この人には本を書き続けてほしい」と思う著者に対しては、新品の本を買ってあげてほしいと思います。
そうそう、冒頭で触れた稲垣さんのお話ですが、図書館は、新刊を買ってくれているので、少なくとも1冊ぶんの印税は著者に入っているはずなんですね。
ですから、古本を買おうと思っている方は、せめて図書館に新刊リクエストを出していただけると有り難いです。
運がよければ司書さんが、新刊として購入して図書館に入れてくれるので、著者としても報酬が入り、執筆活動を継続することが可能になります。
で、自著のアマゾンアフィリのリンクを張るわけだけど、もちろんポチるよね?
もちろん、図書館にリクエストを出してくれても歓迎だよ。(はあと)

| | TrackBack (0)

August 06, 2017

広島原爆忌 被爆二世世代が見た原爆とこれから

8時15分17秒が近づいてきます。

僕が住む関東地方は、静かな暑い朝を迎えようとしています。
薄曇りながら、いつもの年のように、蝉がにぎやかに鳴く夏らしい一日になりそうです。

朝食をとり、こまごまとした用事をすませ、生活の糧を得るために働く準備をすることは、いつもの朝と何ら変わりありません。

72年前のこの日のこの時間に、広島で過ごしていた人たちも、たぶん多くの人が僕と似たような時間を過ごしていたのでしょう。

その人たちが、8:15分を境に、どのような時間をたどることになったのか。

多くの資料を目にし、その現実に直面した多くの方から生々しい体験をうかがってきましたが、その全てを知りえることはできないにしても、いかに凄惨な現実がそこにあったのか知ることができるように思います。

NBC・長崎放送の記者として活躍された伊藤明彦さんは
ご自身の被爆体験を通して、
1971年より、全国を訪ね歩いて
ヒロシマ、ナガサキの被爆者の方284人の証言を、
音声ファイルに収めていらっしゃいます

被爆者の声 ヒロシマ・ナガサキ 私たちは忘れない
※クリックすると、音声ファイルを納めたホームページに
ジャンプします。ぜひ一度ご高覧ください

僕が生まれる23年前に、戦争は既に終わっていて、原爆のことも歴史として扱われるようになりつつありました。

僕自身、テレビを見たり、出始めのテレビゲームで遊びながら育った世代ですので、今のお子さんと近い感覚の中で育ったのではないかと思っています。

ただ今と唯一違っていたのは、すでに歴史のこととして扱われ始めていた戦争や原爆について、身をもって経験した方が周囲にたくさんいたことではないでしょうか。

当時は子供でしたから、怒りの入り混じる戦争の事実を伝える声を、ただ恐ろしい事実としてしか捉えることができませんでした。

また、長崎出身の両親を持つ、私と同じ年齢の世代の人が、被爆二世と言われて、いわれのない差別を受ける姿も目にすることがありました。

社会に対してなんの影響力も持たない若かった私たちは、あらがいこそするものの、理不尽に苦しんだことは、今でも忘れることができません。

ですが、今思い起こしてみると、多くの方に共通していたのは、戦争はいつの時代も自分の身の回りに存在する脅威だということです。そして、一人ひとりが自分の生活に関わる問題として捉えなければいけない問題だということではないか、ということです。

その声が年を追うごとに強くなり、今では、国家や世代を超えて、そのような悲劇を繰り返さないことを願う声が多く聞かれるようになった気がします。

残念ですが、その声は、当たり前のこととしてこの世界に浸透するまでには至っていません。

当たり前のことが当たり前でなかった今までの世界を変えるための
勇気をぜひ持ってください。

そのことが、そう遠くない未来に実現するように、今朝は静かに祈りたいと思います。

| | TrackBack (0)

August 01, 2017

先行上映満席御礼 映画ベースメント 8月4日に明かされるリリーフランキー主演作品との関係は?

前回のエントリで紹介した 映画「ベースメント」ですが、想像以上に話題を集めてます。

7月21日の先行上映は、前売りほぼソールドアウト。
ごらんのように満席御礼状態でした。
Dsc015491
Dsc015581  
Dsc015961  
上映開始間近になると、わずかに残ったチケットを購入するお客さんと
オンライン前売りで購入したお客さんがあふれて大変でした。
Dsc015881
舞台挨拶も盛況   
「特殊詐欺」「危険ドラッグ」「集団ストーカー」といった、現代を象徴するアンダーグランドな問題を果敢に取材するルポライターの猪俣(増田俊樹)の物語を縦軸に、ヒロイン星来(窪田美沙)、そして、JKリフレで働きながら、巧妙に大人を手玉に取る(璃乃)といったストーリーが絡まって、80分弱スクリーンからまったく目が離せない作品でした。
他で試写をさほどやっていないのに、満席になることがなによりの証かもしれませんね。
8月4日19時上映回は別イベントも!
実はこのベースメントという作品、伏線があるんですね。

9月29日からTOHOで全国上映されるリリーフランキー主演の「PERFECT REVOLUTION」とコンセプトを共有しています。
ネタバレになるので、あまりくわしく書けませんが、本作で主演のルポライター猪俣を演じた増田俊樹さんが、PERFECT REVOLUTIONでは、実にいい味を出す役で出演されてます。
8月4日19時の回終了後に、本作に出演している熊篠さん、そして本作とコンセプトを共有しているPERFECT REVOLUTIONの監督 松本准平氏が本作の秘密とPERFECT REVOLUTIONについて対談の形で解説してくれます。
いよいよ今週末、良い席はお早めにご予約を 
アップリンク 予約サイト https://ticket.uplink.co.jp/reserve?schedule=8061

| | TrackBack (0)

« July 2017 | Main