« 残業100時間法案の盲点 法律で残業禁止されても過労死がなくならないわけ | Main

March 21, 2017

ララランドは、50代老害のリトマス試験紙か

デミアン・チャゼル監督の公開中の作品「La La Land(ララランド)」を劇場で見てきた。

実は、日本公開前の試写にも招待されていたので、鑑賞は二度目になる。

原題のLa La LandのLaとは、ロスアンジェルスの略語でもあり、「現実から乖離した」とかいった俗語でもあるそうだ。

そのこともあってか、私個人としてはストーリーが凡庸で、あまり興味を引かれなかったのが正直なところだ。
いわゆる「夢オチ」だったとしても、もう少しストーリーの練り方があるのではないか。

また男女の愛情を描いた作品なら、同年公開された「世界一キライなあなたに(原題 Me Before You テア・シャーロック監督)」のほうが、圧倒的にストーリーが洗練されているし、テーマが絞り込まれているぶん、物語として完成度が高かったように思う。


もちろん、ララランドも圧巻のシーンはある。ネタバレになるので書かないが、冒頭のダンスシーンは素晴らしいし、ジャズピアニストを演じるライアン・ゴズリングが代役を使わずにピアノを演奏するシーンも素晴らしい。
また、エマ・ストーンとダンスするシーンでは一発勝負の長回しを使うなど、ダンスをフィーチャーした作品だけあって、息を呑むシーンも多々。

だが、二回見ると疑問を禁じ得ないのだ。「果たしてこの作品に、20~30代の若い方が共感できるのだろうか?」と。
これまたネタバレになるので書かないが、売れないジャズピアニストセブ(ライアン・ゴズリング)が、友達のバンドに加わり、キーボーディストとして演奏するシーンがある。
80年代のヒットソングを演奏するのを見て、「ああ、この作品は40代~50代」の懐古を意図的に狙ったものなのだろうなと思うに至った。
80年代のはじめの頃、つまり、私がハイティーンだったころ、なぜかベトナム戦争をモチーフにした映画作品や、音楽が世界的メガヒットを治めたことがある。

今からよく考えてみれば、80年代頭に40代くらいだった制作者が、自分の青春時代を回顧する作品を制作したら、時流に乗った節がある。

ララランドは、その図式にぴったり当てはまるように思うのだ。
映像のトーンは、1950年~60年代の若くて強いアメリカそのものだし、途中のシーンで採用するのは、冷戦終結をはじめとした世界的な社会問題が解決に向かった80年代の作品である。
脚本を書いたデミアン・チャゼル(監督でもある)がそこまで計算していたかどうかはわからないが、少なくとも意識しているとみて間違いないだろう。
もし、そのような仕込みで作品を放ったとしたら、興行的には大成功だろう。劇場での鑑賞は日本で見ることとなったが、圧倒的に私と同世代以上の方が多かったように思う。
自分がハイティーンから20代前半の方が、「現実から乖離して若いころに戻れる」作品ともいえる。(おそらく題名からしてそのことが狙いだろうから、私の読みが正しいなら見事にあたったことになる)

さて、作品の意図が私の想像どうりだとしたら、どうだろうか。
もちろん作品に罪はない。むしろ、ある種のカタルシスが得られる作品であり、素晴らしいと思うのだが、巷ではこの作品の批判を許さない同調圧力もあるようだ。

もし、私と同世代の方なら、おやめなさいとお伝えしたい。

今の若い方は、私たちの世代とは違う社会情勢の中で生きているから、共感できない人のほうが大多数のはずである。
やがて彼らも批判される世代になるのだから、批判される世代になったことを受け止めないと「若き老害」などという、心にもない言葉が返ってきかねないのではないか。

|

« 残業100時間法案の盲点 法律で残業禁止されても過労死がなくならないわけ | Main

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48258/65049124

Listed below are links to weblogs that reference ララランドは、50代老害のリトマス試験紙か:

« 残業100時間法案の盲点 法律で残業禁止されても過労死がなくならないわけ | Main