« 長崎原爆忌 | Main | 新年あけましておめでとうございます。 »

November 17, 2016

11月26日 島田角栄監督新作 PLAN6CHANNEL9 ラピュタ阿佐ヶ谷で公開 

Cxs1ftyviae7jma_1




過激な映像に映りこむ すべての人を肯定するやさしさ
仕事柄、多くの映画監督さんや俳優さんのお話をうかがう機会に恵まれることが多い。

また、劇場で公開される前の作品を鑑賞する機会も多く恵まれるのだが、映画というのは実に不思議なものだ。
映画は、監督さんや俳優さんがまったく気づいていないものが、映りこむことが多々ある。
11月26日に公開になる島田角栄監督の作品 PLAN6 CHANNEL9 も、その一つだ。

本作は、矢沢洋子氏(矢沢栄吉氏の娘)が主演つとめたことでも、公開前から話題となっているようだ。

彼女の演技は、実に堂に入っている。実際、本作の世界観をしっかり支えているし、登場人物の様々な人生の鍵を与えるという、難しい役どころを見事にこなしている。

豪華出演陣が織りなす作品のディティールも、実に見事だ。カオスの様相を最後まで展開しながら、一つの世界を編み上げているのは、実に興味深い。
パンクに影響を色濃く受けている島田角栄監督の映像は、大多数の人にとって過激に映るだろう。

だが、気づく人も多いはずだ。
過激な表現の裏側に、生きることへの肯定が込められていることを。

本作に登場する人物は、いわゆる「ハミダシ者」である。
(正直、私自身、友達にはなっても良いが、家には呼びたくないタイプの人物ばかりだ)

それでも、島田氏は、人間を肯定し続ける。
映像の端々にある表現を見るにつけ、そう発信しているようにしか見えないのだ。

■どんなに無様であっても、あなたは誰かにとって尊い

どんなに手ひどいミスをしても、あなたは生きる価値がある。


のたうちまわるような無様な生き方をしていても、あなたは誰かにとって尊い。

ネタバレになるので、ここでは触れないが、本作中で、死が間近に迫った人物が放つ言葉は、とても深く心に響く。そして耳に痛い。

同時に、不平不満ばかりを連ね、日々の尊さや素晴らしさに向かい合おうとしない私たちを強く打つ言葉のようにも思える。

■本作は「生きる」というエンタテイメント作品だ

島田氏は、障がいがある方のドキュメンタリ作品なども多数撮影し、現在までに多くの作品を送り出している。

以前から、なぜそのような作品を撮りつづけるのか疑問に思っていた。
私の憶測に過ぎないのかもしれない。
だが、本作を観る中で、島田氏は、人間を肯定するためのエールを、映像に刻み続けているのではないだろうかと思うに至った。
もっとも、言葉にするには気恥ずかしすぎるそういったことを、明るく(過激な)映像で笑いながら確かめられるのが、島田作品の魅力なのだろう。


単に、笑いに浸るのもよし。明日に自信を持てなくなった時に元気をもらうもよし。

本作は年齢問わず得るものがある良質なエンタテイメントであり、
人生賛歌であると、思う。


ラピュタ阿佐ヶ谷で11月26日より公開

(最終日12月23日 連日21時からの一回のみの上映)
初日舞台挨拶あり

前売り券および上映情報詳細は、
ラピュタ阿佐ヶ谷
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
TEL:03-3336-5440


PLAN6 CHANNEL9(2016 日本作品)
監督 島田角栄
【キャスト】
矢沢洋子
大川裕明
鳥居みゆき
ハリウッドザコシショウ
古市コータロー(THE COLLECTORS)
U.G(ギターウルフ)
杉作J太郎
掟ポルシェ
大地洋輔(ダイノジ)
マメ山田
ザ・クレイジーSKB
川本三吉
ジョニー大蔵大臣
羽渚さやか
中井正樹
松本渚(オトメブレイヴ)
PIGGY BANKS
リカヤスプナー
車地瑞保
カズミファイブ
森由月
佐渡未来
泉水美和子
滝沢悠平
ぴーすけ
松田ぴろし
かとうゆいな
井上蓮



【スタッフ】
監督・脚本:島田角栄
プロデューサー:本田武市、林哲次
撮影:上田誠
音楽監督:昭和ポルノ劇団、ツリイテツヤ
整音:木本幸弘
CG:DOC
製作:T.O Entertainment

|

« 長崎原爆忌 | Main | 新年あけましておめでとうございます。 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48258/64505910

Listed below are links to weblogs that reference 11月26日 島田角栄監督新作 PLAN6CHANNEL9 ラピュタ阿佐ヶ谷で公開 :

« 長崎原爆忌 | Main | 新年あけましておめでとうございます。 »