« August 2013 | Main | January 2014 »

September 2013

September 11, 2013

横浜で、朝鮮民主主義人民共和国の映画を鑑賞する

合間を縫って、朝鮮民主主義人民共和国の映画を、横浜のジャックアンドベティで見る。
http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/185/

「ある女学生の日記」という作品を観た。
父親が、科学院で研究を続けながら家族から離れて働いていて、主人公の少女が、父親に対して葛藤を持ちながら成長していく姿を描いている。

社会主義国の作品にありがちなプロパガンダ的な要素はとても薄く、人物を濃く描いていて、作品としてとても好感を持った。

特に興味深かったのが、同作品で描かれている朝鮮民主主義共和国の地方都市が、50年代から70年代の日本の地方都市と酷似していることだ。

父親が仕事に長時間拘束され、母親が家庭を支えるのが当たり前とされた時代であったが、日本は資本主義経済を標榜していながら、実は社会主義国家として国家を成長させていたことという側面がある。

まさに、その時代と同じことが、社会主義国家である朝鮮民主主義人民共和国でも起きているわけだ。
この作品は、「経済」という存在が、国家をすでに凌駕し、生き物ののように世界を舐めつくしていることを読み解ける作品であるように思う。

同時に、資本主義がすでに行き詰まり、かといって社会主義も共産主義も完璧な社会システムではないことがはっきりした現在において、どのような世界をめざすべきか考察を深めるのによい材料を与えてくれる作品のようにも思う。

| | TrackBack (0)

September 09, 2013

ドラゴンフルーツと塩昆布のサラダ

Btpdka2ceaawgcp

相変わらず、食べ物だけには困らない生活を送っていますが、ドラゴンフルーツを大量に入手したので、色々と料理したりしています。

そのまま食べてもおいしいですけど、さすがに食べ飽きちゃうので、サラダにしてみました。

レタスを敷いて、薄切りにしたきゅうり、崩した豆腐を盛って、細かく切った塩昆布を散らして、レモンを一絞り。その上に薄切りにしたドラゴンフルーツと、卵焼きを盛りつけて完成です

ドラゴンフルーツと塩昆布がびっくりするくらいマッチするので、ドレッシングは使わず、シンプルに塩昆布だけで仕上げてみました。

酒の肴に、イシガキダイの薄造り、細かく刻んだ塩昆布と合わせたドラゴンフルーツを芭蕉の葉にくるみ、冷蔵庫で一時間くらい熟成させてみたのですが、これが破壊力抜群。
泡盛に合いそうな一品になりました。初秋とはいえ、まだまだ暑い日が続きますので、行く夏と秋の入り混じる季節を楽しみたいと思います。





| | TrackBack (0)

« August 2013 | Main | January 2014 »