« 6月23日 沖縄慰霊の日 | Main | 消費税増税 本当にやっていけるの? »

June 28, 2010

ipad版 「ぼくたちの空とポポの木」発売になりました

4年前にパソコン向け電子書籍として発売された、原爆をテーマにした児童文学「ぼくたちの空とポポの木」が、Appleのipadでも読めるようになりました。

パソコン向け作品として発売した際は、児童文学作品としては異例の4週連続発売1位を獲得した作品ですので、多くの方に届くのが楽しみです。

実際にipadで読んでみましたが、とても読みやすい。しかも、紙の本よりも挿画が美しい!! これは楽しいですね・

おひるねの時に横になりながら、お子さんと一緒に読めますので、ぜひご高覧ください。

●作品紹介より

オイルショックの余波を受ける、昭和五十年の北九州・小倉。
小学三年生の靖洋(やすひろ)は、誤解が元で、親友の博史とけんかしてしまったまま、夏休みを迎えていた。
二学期になると、博史やクラスの大半の児童が転校してしまうことを知った靖洋に、クラス担任の横川ひろえは、分け合って食べると、仲直りができて、いつまでも友達でいられるという「ポポの実」の話を伝える。
横川のはからいで友情を回復した二人は、全国に散ってしまうクラスメイト全員が、いつまでも友達でいられるように、八月九日の登校日に、原っぱに生えたポポの実を分け合って食べようと提案する。
だが、約束の日に、横川は学校に出てこなかった。
不安にさわぐ児童たちが知ったのは、横川が、かつて長崎に投下された原爆のために白血病を患っており、病状が悪化して入院したという事実だった。
史実では語られない原爆の投下目標だった街「北九州・小倉」を舞台に、新たな視点で戦争の矛盾と命の尊さ、人のつながりの暖かさを描いた物語。
●発売ページ

|

« 6月23日 沖縄慰霊の日 | Main | 消費税増税 本当にやっていけるの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48258/48743394

Listed below are links to weblogs that reference ipad版 「ぼくたちの空とポポの木」発売になりました:

« 6月23日 沖縄慰霊の日 | Main | 消費税増税 本当にやっていけるの? »