« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

November 30, 2008

待降節のはじまり

二時間ほと仮眠した後、自分の作品を書き続ける。
締め切り前に、三本の原稿を入稿。
今日の分を書き終えた後、外を見たら目の覚めるような青い空。

そういえば今日から待降節だ。
何かを伝えようとしているような澄み渡った空を見つめて心を預ける。

自分を赦し、誠実を尽くして一人でも多くの人を愛せるクリスマスまでの四週間にしようと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鍋にしてみた

1003958014_212_2 

まかない作りの時間。スタジオの厨房へ。

今日は、鍋にしてみた。
結構豪華そうにみえるけど、消費期限ぎりぎりの食材とかばかりなんで格安。なんか違和感あるよねえ。

どうでもいいけど、鍋の時期ですな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

深夜のロシア料理

原稿を書いていたら、東京の友人から電話が

ロシアの取引先を家に呼ぶことになったので、ちょっと洒落たロシア風味の料理を考えて欲しいという話が。

あの~そういうことって深夜に連絡してくることではないのでは?

などと返事すると、ついさっき決まったから焦ってるのだとか。
はいはいはい、考えます、考えますとも。

次回は、私が厨房に立つということで、ギャラを設定していただければこれ幸いかとなどと仕事の話を打診する前に
「できれば、簡単にできて、日本ぽくて、ロシア人の口に合いそうなロシア風の料理を」
無茶苦茶な……ここまで聞いて脱力しまくりですが、とりあえず考えることに。

しかしまあ、困りましたねえ。一言でロシアっていっても広いし(世界中の陸地の6分の1近くある)、そもそもロシア料理って近隣諸国の料理が入り混じっているから、ご出身の地方で好みがわかれるんじゃないかな。

とりあえず当たり障りなく、魚料理(沿岸地域の出身の人なら食べなれてるし、内陸部なら魚はごちそう)と、きのこ料理などを出せばええんでないの? スーパーで手に入る出来合い品を流用してもよいし。
こんな感じ

■しめさばのマリネ スメタナ添え

市販のパックのしめさばを、薄くくし切りにしたタマネギの酢漬けと一緒にマリネ。
スメタナ(ロシア料理で必ず使うサワークリーム、ヨーグルトと生クリームとレモン果汁で作る代用品)を和えて、味を馴染ませた後、塩コショウで調味

■Салат Картщка(サラート・カルトーシカ ポテトサラダ)
丸のままゆでたじゃがいもの皮をむいて、切り分け、スメタナ(サワークリーム)を添えたシンプルなサラダ とにかくこの手の料理を彼らはよく食べる

■Пожарский(ポジャルスキ・鮭のハンバーグ日本風)

スーパーで購入した一切れ100円の鮭の切り身の骨と皮を除いて、鳥のミンチと一緒にフードプロセッサで練る。

卵黄、小麦粉、すりおろしたタマネギでつないで形を整え、オリーブオイルで焼き上げる。

ソースは、フライパンに残った油に、しょうゆとバターを加えて火にかけて作る。お好みでスメタナを添えて

■Курица с капустой японский(キャベツと鶏肉の煮込み日本風)

細かく刻んだ昆布、多めの鰹節で一番出汁を取り、一口大に刻んだキャベツと鶏肉を弱火で煮込む。あくをこまめにすくい、スープを濁らせないこと。
味付けはシンプルに塩で。

■Рис грибы Луком японский(しめじとたまねぎのピラフ日本風)
よく洗ったシメジを刻んだタマネギとバターで炒め、更に研いだ米と一緒に炒めて、塩コショウして炊飯器でGO!


■Кисель японский апельсин(温州みかんのキセーリ)

温州みかんをジュースにして(めんどかったらポンジュースで代用)
バニラアイスクリームと氷と混ぜ合わせ、スムージーに
本当はキセーリって別のデザートなんだけど、こんな感じ。


市販の半ば出来合い品を流用しても、かなり豪華になるし、意外に時間がかからないから、こんなもんでどうでしょとお話したらOKをもらいました。
あ、ロシア語の料理名は僕がつけた名前なので、辞書引いても載ってませんので念のため

なんかねえ、ざざざざっと輪郭をさらったような感じの提案なんで気が引けるのですが、これだったらおもてなしにはなるでしょうね。

一つだけ言い忘れたんだが、ロシア人ってとにかくよく食べるので、多めに料理を作っておいた方が無難かと……ってもう遅いか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オバマ大統領就任後の北朝鮮問題の行方

11月15日付けの朝鮮中央通信のソースによると、北朝鮮は、南北将官級会談で北朝鮮代表を務める金英徹(キム・ヨンチョル)団長の名義で韓国軍当局に電話通知文を送り、12月1日から軍事境界線を通じたすべての陸路通行を厳格に制限・遮断すると韓国に対して通知してきたようだ。

同時に、赤十字が用意している板門店の南北をつなぐホットラインも中断するという。

1976年に北朝鮮が板門店で在韓米軍を狙撃する「ポプラ事件」でも同様の動きがあったが、今回は少し様子が違うようだ。
KCIA・CIAも、金正日の健康悪化説を、確かな情報として入手したと報じているし、北朝鮮軍部内での動乱を匂わせる情報を流している。

水面下で情報戦が行われているのは容易に想像できるので、韓国・米国側の諜報機関が入手した情報をそのまま鵜呑みにすることはできない。

だが、金正日の健康悪化に関する情報は信頼性がある程度担保できるだろうから、後継者がはっきりしていない北朝鮮内部で混乱が起きているのはじゅうぶんありえることだろう。

問題は、ウォンの暴落で苦しむ韓国を支える日本とアメリカが、この問題をどのようにとらえているかだ。
率直に言ってしまえば、オバマ政権が、極東の米軍をどのように配置するかで、この問題は大きく変わると言っても過言ではない。

14日の16時付けで、シャープ韓米連合軍司令官兼在韓米軍司令官は、韓国国防研究院(KIDA)と米国防大学国家戦略研究所(INSS)が共同主催した韓米連合軍司令部創設30周年記念セミナーの基調演説で、在韓米軍が、韓国軍をサポートして有事の防衛を支持する体制であることを示した。

ただし、「主導から支援」という指揮関係の転換を前提としており、韓国にとって最も脅威となる北朝鮮陸軍を邀撃する陸軍は投入せず、空軍・海軍を主力とした支援に変わると説明している。

日本との同盟関係の強化について、就任後のオバマ大統領はステートメントを出しているが、中国との対話に余念がないのも事実である。

軍事作戦上の展開を考えれば、共産圏の防波堤として位置づけてきた日本を飛び越えて、中国と直接対話を図る政策を実施していくだろう。

同時に、メトベージェフ政権に変わってより強固になったロシアとの関係を構築していくだろうから、日本は大国の間で軍事的に孤立する可能性がある。

そうなった場合、日本は少なくとも朝鮮半島の有事に対して、少なくとも初動の防衛を図らなければならなくなる可能性がある。

安保条約や国連地位協定が発動するだろうが、少なくともそれまでも間、治安維持活動や難民の人道的な保護について判断を求められるのは間違いない。

そのような事態に至らないことを願いたいが、大統領選で消えたはずのヒラリーが国務長官候補として浮上してきた現実を考えると、いささか不安ではある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2008

復旧

一か月近く更新してなかったので、「大丈夫ですか?」というメールをたくさんいただきました。

クリエーターの友人からは「生きてるか~」なんてメールが届く始末。仕事では、バリバリ書いてますよ。ええ。

ご心配をおかけしてすみません。
PCのデータがすっとんだので、手も足も出なかったんですわ。

更新が滞っていた間に記事を書きためてますんで、逐次アップしていきますね。乞ご期待

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2008

猫背

Nekoze

カレー屋さんらしい

でも、なぜにお店の名前が猫背?

にゃんこたちが、カレーを作ってるのかな?

なんだか、宮沢賢治の「注文の多い料理店」みたいね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2008

松の針

さっきのみぞれをとってきた
あのきれいな松のえだだよ
おお おまへはまるでとびつくやうに
そのみどりの葉にあつい頬をあてる

そんな植物性の青い針のなかに
はげしく頬を刺させることは
むさぼるやうにさへすることは
どんなにわたくしたちをおどろかすことか

そんなにまでもおまへは林へ行きたかったのだ
おまへがあんなにねつに燃され
あせやいたみでもだえてゐるとき
わたくしは日のてるとこでたのしくはたらいたり
ほかのひとのことをかんがへながら森をあるいてゐた

「ああいい さっぱりした。まるで林のながさ来たよだ」
鳥のやうに栗鼠(りす)のやうに
おまへは林をしたってゐた
どんなにわたくしがうらやましかったらう

ああけふのうちにとほくへさらうとするいもうとよ
ほんたうにおまへはひとりでいかうとするか

わたくしにいっしょに行けとたのんでくれ
泣いてわたくしにさう言ってくれ
おまへの頬の けれどもなんといふけふのうつくしさよ
わたくしは緑のかやのうへのも
この新鮮な松のえだをおかう
いまに雫もおちるだらうし
そら
さわやかな
terpentine の匂もするだらう

宮澤賢治 無声慟哭「松の針」より
1922 11.27

自由に空を飛ぶ鳥は
墜落する恐ろしさを知っている

人はみな
鳥がはばたく様を
自由でうらやましいというが
あれは楽しんでいるわけじゃない

たった一羽で飛ぶ空の中で
とどまる場所をさがして
墜落せぬように必死にもがいているのさ
その証拠に
誰も鳥が墜落するところを
見たことはないだろう

うたっているんじゃない
カナリヤのように詩が好きなんじゃない
とどまることもできずに
助けを求めて
必死に叫んでいるのさ

神様、わたしがわるうございました。
もう飛びたいなんて言いませんから、
お願いですから
おろしてくださいってね

その証拠に
いつ聞いてもかなしそうな声で
誰かに願うように鳴いているだろう

本当はね
神様はね 空を飛びたいといった鳥に
罰を与えているわけじゃない

鳥を手のひらにおさめて
また地上に降ろしてあげようとしたんだ

でも鳥は神様の手が伸びてきたとき
いいつけを守ろうとしなかった罰を与えられると思って
神様の手のひらの中に納まらなかったのさ
必死にはばたいて逃げたんだよ

神様は、それでも鳥が気の毒だと思って
ゆっくり羽ばたいても空を飛べるようにしてくださったのさ

なぜそんなことがわかるかって?
神様はね
あまりに慈悲深い方で
ほんとうにかなしいことや
おそろしいことは
見なくてもいいように
すべてのこどもに
目隠しをしてくださっていたんだよ

ところがある日
神様のいいつけをやぶって
あるこどもが目隠しをはずしてしまった

本当は見えてはいけないものや
見えなくてもいいものが
見えてしまうようになった

そのこどもはあまりにもおそろしくて
空をとぶ鳥と同じように
泣き叫んだのさ

私がわるうございました。
おねがいですからまた目隠しをしてください
ってね

だけども、いくら神様とて
逃げ回る子供をつかまえて
また目隠しをするわけにはいかない

どうしてかって?
そんなことしたら、その子はきっと鳥と同じように
神様から罰を受けて
もうここにはいられなくなるんじゃないかと思って
ますます泣き叫ぶだろう?

だから、神様は、いいつけをやぶって
目隠しを外したこどもには
もうこれ以上恐ろしいものや
悲しいものが見えないように

大事な人が帰って行くときに
命の砂時計を時々
そっとひっくり返してくださるのさ

だから悲しんだりしないほうがいい
君の大事な人がみんな
いつも何も言わずにそっと帰っていってしまうのは

きっと君が
その日のまえに

とてもとてもつらくてかなしくて
耐えられない瞬間がやってくると思って

その日のまえのそのときだけ

神様がそっとてのひらで
目隠しをしてくださってるのさ

会えなかったかわりに
さよならも言えなかったかわりに

目隠しをしてくださった
神様の手のひらのあたたかさを
そっと感じた方がいいよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

四回忌

そういえば、今月は父の四回忌を迎える。
来月は、母の五回忌だ。

時というものは不思議なものだ。
けして消えない悲しいことですら、薄くして記憶の先に追いやってしまう。

父の顔は思い出せるが、母の顔は思い出せない。
母とは五年しか一緒に過ごした時間がないからだろうか。
もうわだかまりも何もないのだが。

今年の三月は、仕事にかこつけて、母の実家があった久留米の家に行ってみたが、跡形もなくなっていた。
従兄弟と過ごした大牟田にも行ってみたが、面影すら消えていた。

誰もいなくなった。
何もなくなった。
思い出さなくなった。

それはそれでまたさみしいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2008

オンライン小説COLOR第11章公開

オンライン小説第11章「闇のラビリンス」公開

http://color-story.com/chapter11/

↑音が出ます。ご注意を

どうでもいいけど、文章書くより、音楽ミックスするのとフラッシュ作るので、相方のRe-ji-kがマジ死んだらしい。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »