« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

May 29, 2008

携帯が壊れる

携帯のディスプレイが何も表示されなくなっていた。
最近、バッテリーが切れるのが早くなったので、そのせいかも。
充電してみたが、全く反応なし。

スペアのバッテリーパックにしても、結果は同じ。
あれあれあれ、ついに壊れてしまったか。

データのバックアップは取ってあるので大丈夫だけど、まずは機種変更しないとなあ。修理が可能だったら是非そうしたいのだが、どうも無理そうだ。

しかしまあ、たかがこんな小さな箱が一つ壊れたくらいで、おたおたしなきゃならんというも滑稽ではありますな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2008

湿った夜とモヒートと酩酊と

すったもんだした案件が一段落。

朝一でドクターにデパスを1ヶ月分処方してもらい、陽射しの下、ぼんやりとした頭で、オープンテラスで次の企画を考える。

時間の贅沢をさせていただきましたが、たまにはこうじゃないとね。

たまに通り過ぎる人が、怪訝な顔をしていたけど、魂が抜けた顔してたんだろうなあ。あはは。

新規の依頼の電話を受け、メモに取りまとめた後、久しぶりにショットバーへ。

いつもの通り、ボンベイサファイヤをストレートで2杯楽しんだ後、モヒートをすする。

空が湿りだすこの時期になると、なぜかモヒートをすすりたくなる。
なぜだろう。特に思い当たることはないのだけれど。

マイルス・デイビスなどを聞きながら、昔会った人や、読んだ本などを思い出したりする。

酒を飲んだ時に、心によぎることはいつも不明瞭で、脈略がない。

ぼんやりとした何かの塊のような、心の上澄みに浮かび上がってくる、とらえようのない思索の塊を、握り締めようともがく。
もがく。もがく。もがく。

口の中には、甘く香り高い酒が踊っているが、心の中はおだやかではない。
網にかかり、暴れる魚を銛(もり)で仕留める漁師のように、いいようのないやり取りを繰り返している自分がいる。

甘い酒の香りに釣られて、私の心に浮上してきたその「塊」に、躊躇なく銛を打ち込めるようになれれば、何か変わるのだろうか。

そうとも思うし、また違うとも思う。

そんな私を見透かしたように、その塊は、私が投げた銛の先をするりと交わして、また私の心の中に沈んでいってしまう。

はがゆい表情を見せる私に、その塊は、まるで思索をめぐらすかのように、悠々と深い場所へ潜っていってしまう。

あの塊はなんなのだろうか。

まあいい、今夜は杯を重ねよう。
あと2杯モヒートをすすれば、何も考えられなくなる。

きっと、この空の湿っぽさもいとおしくなるだろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 17, 2008

COLOR第10章公開

オンライン小説COLOR10章が無事に公開。

http://color-story.com/chapter10/

音がでます。ご注意を

プロデューサーと文体がどうだこうだでもめるわ、インタラクティブコンテンツ制作チームと足並みを揃えるのに、四苦八苦しました。

フラッシュ製作チームのみんな、作曲・アレンジのReiji-k

乙でした。

アクセスも、もうすぐ20億ヒット。みんなの頑張った結果が出てます。いいことです。

| | TrackBack (0)

May 16, 2008

今はもう会えなくなってしまったあなたへ

今はもう会えなくなったあなたへ。

ありがとう
ありがとう

あの時、たったその一言が言えなかったのが悲しい。

あの頃、僕は浅はかで
あなたと会える日が
いつまでも続くと思ってた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マカロンマカロン♪

マカロンマカロン♪

わけありで深夜にマカロン焼いてます。

アーモンドプードルの油分が少なすぎるので、千葉県は八街のピーナッツを蛍火で炒って、グラインダーで粉末にして少々加えてみました。

バニラシュガーの代わりに、乾燥させた食用バラのつぼみの粉末を粉糖に加えたものを、調整したアーモンドプードルに混ぜ合わせる。

卵白をホイップして、アーモンドプードルに混ぜ合わせ、鉄板の上に敷いたオーブンシートの上にしぼりだす。

お天気が湿っぽいので、生地の乾燥時間を少し長めに。生地を絞りだした後に、乾燥させないまま生地をオーブンに入れると、表面が割れてしまうので、ここは慎重に

230度のオーブンで表面を焼き、天板を取り出して、今度は170度でじっくり生地を焼き上げ。

タイミングよく焼きあがった生地を取り出したら、今度はしっかり冷ましませう。冷めたら、一つずつ丁寧に生地をシートからはがしませう。

中に挟むクリームは如何様に? 今回は、クレームシトロンは使わず。

沖縄産シークワーサーをグラニュー糖で煮詰めたジャムを、ホイップした生クリームにあわせたもの。

も一つは、蘭の花の蜜を集めて、ホイップした生クリームにあわせたもの。

だめ押しで、酸味の強いイチゴをグラニュー糖で煮詰めてソースにしたもの。

3つのクリームを生地にサンド。

思いつきですが、どれどれ。ふむ。
生地の中に仕込んだ、薔薇のつぼみの粉末の香りとクリームの果実がマッチしてますなあ。イメージ通りですわ。
王様のマカロンになりました。

あとは、冷凍庫で一晩寝かせて出番を待たせましょう。
さ、ゲストが驚く顔が楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2008

ストレッチマンと飲みに行く

うたたねしてたら、ストレッチマンと飲みに行く夢を見ました。

※注 ストレッチマンというのは、某国営放送の教育番組のキャラです。全身タイツがかなりイカス御仁です。くわしくはこちら

もちろん、飲み会は、全員黄色い全身タイツ着用。周囲のお客さん、ドン引きでした。

すいません。台風通過の影響でかなり壊れてるみたいです。

少し仮眠してまた原稿書きます。生まれてすみません(大丈夫か俺)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2008

勉強というタテマエの映画三昧

今週は、人とぶつかり合う時間が多い週でした。
プロデューサーとの方針の食い違いから、取っ組み合いのケンカに発展したりとか(うそ)

挙句の果ては、プロデューサーの席に対人地雷「クレイモア」を仕掛けたら、報復として狙撃されたり、命にかかわる緊迫した瞬間が続きました。
わが職場は、イラクやミャンマーより危険な状態となりました。(さらに大嘘)

フリーランスって、仕事は与えられるものじゃなくて、作り出す立場なんですよね。

やることは一杯あるのだけど、たまには息抜きも必要だと思いまして、映画なぞ見に行ったりしておりました。
(本当は、営業にでかけたらことごとく空振りしたんで、気晴らしに出かけたのですが)

お振込みされたばかりの印税で、映画三昧。
ええ、これも大事なお勉強です。

試写会の取材とか、レビュー執筆とか、お仕事で映画を見る機会は増えたのですけど、プライベートで映画を見る機会って少なくなったな。

ゆったりしたシートに座って、大画面をほぼ独占しつつ、ビールなぞいただくのは、最高に楽しいっす。

今週はあちこち回って、計10本ほど見ましたが、勉強になる気づきが多々ありましたですな。

作品のジャンルとか監督さんとかキャストに関係なく、できるだけ多くの作品を見に行くようにしていますが、やはり勉強になるのは、小説が原作になっている作品です。

映画の場合、キャストの関係とかで、原作とシナリオが変わってしまう場合もありますし、また同じシナリオでも監督さんによって、作品の仕上がりがまるっきり変わってしまいます。

特に日本映画の場合、予算とかキャストなどといった経済的・政治的な理由で、シナリオが原作から大きく外れてしまうことが多いので、大体洋画を見ることが多いです。

てなわけで、教材用にニコラスケイジ主演のNEXTという作品を見ましたが、フィリップ・K・ディックの原作「ゴールデン・マン」の世界を、映像ならではの世界に再構築していて、非常に興味深かったです。

ネタバレになるので、ぼかして書きますが、非常に興味深かったのは、最近のアメリカ映画にありがちな、アクションシーン満載の勧善懲悪の物語に終始していないこと。

ニコラス・ケイジ演じる「ある特殊な能力」を持つ男が抱える苦悩と、人としての喜びを細部にきちんと織り込んでいることは、非常に評価できると思いました。物語は、細部に神が宿りますからね。

リータマホリ監督の作品って、こんなにメロウな感じがする作品ってあったかしらん? 

そのあたりは、ニコラス・ケイジの演技力の影響が大きいのかな。

彼自身、鉄腕アトムの実写版を作りたいと言っていたくらいだから、おそらく相当日本映画を見ているでしょう。
小津安二郎監督のような、人物を的確に描ききる作品をたくさん見ているとしたら、ああいった演技が生まれてくるのも理解できるような気がします。

また、アクションシーンの構成やカメラワークも、非常に臨場感のある仕上がりになっていて、好感を持ちました。

これまたネタバレになるので、ぼかして書きますが、本作では、警察組織を前面に押し出したアクションシーンが登場します。こういったシーンは、やはりアメリカ映画は強い。

「強い」というのは、ディティールを徹底して作りこんであるので、リアリティがあるんですな。
「これくらい作れば、観客にはわからないだろう」といった、脇の甘い映像がどこにも見えない。この姿勢は評価するべきだと思います。

アクションシーンに限らず、こういった物語の本筋ではない部分の作りこみというのは非常に大事で、たった一箇所の甘さが作品全体を損ねてしまうことも珍しくありません。

たとえば、時代劇で空に飛行機雲が映っていたりすると、物語世界が一気に、嘘くさくなってしまうわけですが、それと同じようなことですね。

ただ、残念なのが、物語の膨らませ方は素晴らしいものの、物語の閉じ方が原作を知っていると物足らない気がしないでもありませんでした。

このあたりは、製作者の意図的なものなのかもしれませんが、(ニコラスケイジは、人との関係をうまく描くことを考えていたとインタビューに答えているみたいですしね)音楽などでイメージをうまく補足するとかいった工夫ができたのではないかと思います。

とはいえ、フィリップ・K・ディック原作の「ゴールデン・マン」というSF小説は、おそろしく出来がいい作品なので(そもそも短編小説でSFを書ける人って、おそろしく筆力のあるかたですから)、相当苦悩下上でのシーンなんでしょうね。

それにしても、スティーブンキングといい、フィリップ・K・ディックといい、SFとか超能力みたいな、映像にするのが恐ろしく難しい原作に果敢に挑むチャレンジ精神というのは、見習いたいものです。

ビールの余韻も手伝ってか、楽しくかつ勉強になった時間でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2008

口論

徹夜して諸々の原稿や企画を仕上げたら、午前3時

18億ヒットを超えたオンライン小説COLORの最終章の一部を推敲して入稿。

入稿後、「できるだけ描写を薄く、軽い文体で書いてくれ」というプロデューサーの発言に対抗。電話越しに口論となる。

数字とマーケティングを気にするのは分かるが、守りに入ると、結局読者は離れるだけだ。お互いに意見を譲らず、一時間以上口論が続いた。

オンライン作品で、なおかつインタラクティブコンテンツを含む作品ということもあって、結局、音楽監督のReiji-kの意見をもとに、最良の方法に落ち着く。

諍いが絶えない製作チームだが悪い気はしない。これくらいエネルギーをぶつけられないと、読者に支持されるものは作れないだろうから。

その部分を全員が了承しているせいか、諍っても後のしこりはない。これがまたいい。

仮眠を取ったら、空が晴れていた。久しぶりにすがすがしい気分だった。
今日はプレゼンが目白押しだったが、不思議と疲れは感じなかった。

| | TrackBack (0)

May 06, 2008

ヘルペスな予感

あい、世間様は連休にもかかわらず、徹夜を続けているであります。

あれこれ水面下で、すったもんだしておりましたが、なんとかプロジェクトが着陸に向かいそうな予感。いいことです。

ほっとしたら、例年この時期のお約束ヘルペスが出てまいりました。なるほど眼の周囲のかゆみと微熱はこのせいか。

たしか、一昨年は失明しかねない状態くらいの範囲まで広がって、眼科の先生からお叱りを受けた思い出が。

やることは山積みですが、お天気の変化が激しい時期って、ほんとに弱いんだよなあ。。。。。

コンテンツをアップしようにも、サーバーの復旧がまだなので、少々休憩しながら今日は作業しようかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2008

賛辞の詩

君よ
倒るることなかれ
歩みを停めることなかれ
けふまで生きたことを恥と思うなかれ
君は夭折した詩人の血が流れる様を見てきたのだ
その生々しさを言葉にするために苦悶してきたのだ
たとえ
言葉を紡げず苦悶する君を
世の人が嘲笑しようとも
耳を貸すことなぞないではないか

心の中で鍛えた弓をぎりぎりまで引き絞り
全ての人の心を射る言葉の矢を放ちたまへ

君の心には
かつて言葉を紡いだ詩人の血が
受け継がれるべき血がいきづいて居る
既に倒れた詩人たちが憧れた
黄金の言葉の矢は君の手の内にある

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そういえばゴールデンウイークだったんですね

そういえば、ゴールデンウィークに突入しているということを、今知りました。

拙者は、おやすみの日が全くありませんので、平日に等しいっす。

みなさん、ゴールデンウィークはどこかへおでかけですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »