« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

February 19, 2008

鉄と小麦の値上がりはどう動く

新日本製鉄とJFEスチールの発表によると、ブラジルの資源大手ヴァーレが、07年に比べて、鉄鉱石を65パーセント値上げすることで交渉が決着したらしいです。

僕のブログにしては、ずいぶん小難しい話がいきなりでてきたんで、「???」な人も多いと思うんだけど、なんかさあ、単純に考えても、生活がますます大変になりそうなのが、目に見えるよね。

当たり前の話だけど、鉄が値上がりすると、鉄を使ってる工業製品も値上がりするわけです。
特に、単価が高くて、消費によって経済効果が高くなる「車」とか「家」とか、製造コストが高くなるわけだから、買い控えが進んでしまう可能性がある。

てことは、せっかく良くなったた景気(といっても回ってるところにしか金が回ってないんだが)が後退してしまう可能性が高くなる気がしないでもない。

バブルが崩壊した後、土地価格が下落して底を打ったことや、既存の建築物の耐用年数が近づいて、都市を再開発する必要が出てきたおかげで、建築が盛んになる傾向があったんだよね。

で、これがスロウダウンすると、あちこちに影響が波及するような気がするんだけど、どうなんだろ? 地方都市なんか、ほんとに深刻な状態になるんじゃないだろうか。

車なんかに至っては、ただでさえガソリンが高騰している上に、車の本体まで値上がりするわけですね。

自家用車なんかは、まだいいと思うんだけど、業務用の運送車両の購入・維持コストにも影響してくるから、物品の流通にも影響が出てくる。

都市部は、地方から、農産物を運んでもらって生活しているわけだけど、運送コストがさらに上乗せされて、食品の値段がさらに上がる可能性がある。ぼくたちの生活に欠かせなくなった宅配便なんかもそうですね。

ヤフオクとかのネットオークションとか、ネット販売をよく利用する人も、少なからず影響を受けるわけです。

まさに「エンゲル係数うなぎのぼり」、なんてことになりかねないのカモ。1ヶ月のお給料のうち、食費のパーセンテージが80パーセント以上(つまり残りのお金は家賃・当然家計は赤字)なんてことになっても不思議じゃない

食品の値上がりといえば、小麦を使った食品の値段が上がってるのに、気づいた人もいるんじゃないかな?

日本は、先進国の中でも食糧の自給率が異様なくらいに低いので、米以外の農産物のほとんどを輸入しているんですな。

たとえば、ブームがすっかり定着した「うどん」も、ごく一部を除いて、原料の小麦は、オーストラリアから輸入しています。

困ったことに、オーストラリアの小麦が不作。
さらに追い討ちをかけるように、日本まで小麦を運ぶタンカーの燃料になる石油が値上がりしているおかげで、パン・うどん・スパゲッティ・ラーメンなんかが、値上げせざるを得ないというわけです。

個人的な生活の視点から見ても、実に困った話なんですが、ごくごく日常の生活の中で必要になる資源や食料が値上がりを始めると、経済的な混乱が起きて、果ては紛争に発展したりする可能性もあります。
湾岸戦争の時でもさほど値上がりしなかった金やプラチナの値段が上がっていることを見ると、少なくともちょっとした混乱が起きていることは、容易に理解できます。
政府内の「埋蔵金」探しが盛んなことも、その現れです。

かつて日本が巻き込まれた戦争も、石油の輸出ストップが引き金になったことはよく知られています。
もっとも、今回の小麦製品の値上がりや鉄鉱石の値上がりは、中国オリンピックやアメリカ経済の影響が強いはずなんで、大それた話にはならないでしょう。

とはいえ、いつ何時、社会的な問題から、個人が経済的に苦しい状態に立たされる可能性が出ても不思議ではない時代になったという見方もできるかもしれませんね。

ちなみに、あたくしのような、仕事のない物書きなんぞは、社会情勢がまずくなれば、真っ先に干上がるのが目に見えています。
したがいまして、平時から常々、その昔、身につけた食料の調達技術を見直しております。

いざとなったら、多摩川でたんぽぽや野蒜(知ってる?)をつんで、ブラックバスでも釣って生き延びようと思います。
マジメな話、水さえ調達できて、雨風しのげれば、3ヶ月くらいは楽に食料を調達して生活できます。冬場はちょっとキツイでしょうけど。

伊達に、「肝油」と「チクロ」と「赤色3号」と「鯨の竜田揚げ」で育っていません。


欲しがりません 書くまでは

さて、松沢二等兵 本日も、日の出とともに精進するであります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2008

料理指南 トマト風味のにゅうめん

大袈裟な話じゃないんだけどね

第1稿を入稿して、朝日を眺めながらぼんやりしてたら
ケンちゃんからTELが 

「男の人が喜ぶ朝食って、どんななの?」

「あ、さては彼氏がお泊りかね?」などと野暮な質問はしなかったが、これは困った。

好みっていっても、人それぞれだろうしなあ。

和食党か洋食党かでも、好きなメニューって分かれるしね

前の日に、酒飲んだみたいだから、味噌汁とごはん、卵焼きみたいなシンプルなものがいいんじゃないの? と返事したら、調理器具がほとんどないらしい。あらら、こりゃ困ったね

ついでに食材もないらしい。どうしろってんだよ

あるのは、卵と、缶詰のホールトマトと、昨年夏の残りのそうめんだけなんだそうな。

「したらさあ、洋風のにゅうめんとかは? 料理苦手でも、そうめんくらいゆでられるでしょ?」

「ゲテモノ料理教えたら、今度髪をカットしたげる時、モヒカンにするからね」

「心配すんなって。かなりおされな仕上がりで、優しい味になるから。いいかい? まずはホールトマトを鍋に移して、和風だしの素を入れて、弱火にかけて。
固形分は多少残ってもいいから、スプーンかマッシャーでつぶしてね。火にかけすぎて、こげないようにね」

「次は、別鍋に湯を沸かして、そうめんを固めにゆでて できる?」
「バカにすんじゃないわよ」

「茹で上がったそうめんは、ざるにあげて。水でしっかり洗って粉っぽさを落としてね 茹で汁は少しとっておいてね」

「煮詰めたホールトマトはどうすんの?」
「そうめんの茹で汁を少し加えて伸ばすの。少し濃いトマトスープみたいになるでしょ?」

「あ、これを茹でたそうめんにかけるのね。なんかいい感じ」

「そ、それだけじゃさみしいから、トッピングに、スクランブルエッグをのせてごらん。 スクランブルエッグはね、卵をボウルでよくほぐして、フライパンにバターを落として、強火で一気にかきまぜるの。半熟になったらできあがり。トマトによく合うよ・乾燥ネギとかない?」

「あるけど、大丈夫なの? 変な味にならない?」

「大丈夫。ホールトマトは、よく煮詰めると、グルタミン酸が浸出してくるんだ。ベースのストックにコンソメじゃなくて、魚系の和風だしを使ってるから、トマトの酸味も嫌味にならないし、優しい味になるよ。二日酔いもすっきりするだろうし」

「あ、なんかすごくいい香り。それにおしゃれ」
「チンゲンサイとか、少し歯ごたえのある野菜があると良かったんだろうけどね。彼氏も喜ぶんじゃない? あと、スープか、お茶くらい一緒に出しなよ」

はてさて、彼と彼女のはじめての朝食はどうなりましたやら

次の原稿を書きながら、気を揉んで降りましたが、1時間ほど後に電話が。彼氏大絶賛で、彼女も株があがったようで。

「今度、髪をカットしに来た時、お洋服あげるから時間作っておきなさいよ。もう少しおしゃれしなきゃ」

「実家が昔、仕立屋だったから、あれこれ服を選ぶのは、どうも苦手なんだけどな」

「あんたも40でしょ? 少しはいい服持ってないと、かしこまった席に出るとき恥ずかしいわよ」

「なんか、お袋みてえな言い方だな」

「そうかもね、デザインから縫製から何から何まで、私はあなたのママに師事したから。挫折して結局美容の方に走ったけど」

「その話はもういいよ。わかったわかった報酬は?」

「決まってるでしょ。彼氏が喜ぶ料理をもっと教えて」

「まあ、そりゃごちそうさまですこと。わかりました。一肌ぬぎましょう」

朝っぱらからやかましい電話でしたが、まあ、でも、誰かに喜んでほしいと思う気持ちって素敵だよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2008

早くも初版売り切れ 緊急増刷決定!

Gene04a_3   

1・22に発売 松沢が編集を担当させていただいたジーン中園氏のライトビジネス書ですが、早くも初版が売り切れ! 緊急増刷が決定いたしました。

読み物的なビジネス書ですので、20代・30代の方は、ぜひご一読を                                   

                                                                                             
「なぜあの人は、5時帰りで年収が10倍になったのか?」
成功者だけが知っている、時間とお金の極意
ジーン・中園著、三五館刊 予価1,470円

四六判/並製/224ページ

〔ISBN〕978-4-88320-417-5
時間がない、お金がない、人間関係がうまくいかない
を「ある」に変えるヒントが本書にあります。

日本マクドナルド創業者・藤田田の元ブレーンが
デキる人はやっている
「時間の使い方」
「お金の儲け方」
「人間関係の築き方・活かし方」
「日常生活の過ごし方」
の思考方法&実践法を一挙大公開!
この一冊で、
「頭の使い方」「モノの見方」「考え方」が変わるから、
「仕事」も「年収」も変わります!
本書が、ビジネスマンの夢を現実にする、お手伝いをします。

たとえば・・・
・なぜエクゼクティブは、スポーツクラブに通うのか?
・お金は見た目で人を選ぶ
・20までの九九を覚えて、収入を10倍に増やす法
・人生の脚本を書く
・逆立ちしたら湧き起こる、新鮮なアイデア
・3つの「S」という落とし穴
・大ボラを吹きなさい
・批判と塩味は控えめに・・・etc.

お近くの書店や、アマゾンなどのオンライン書店で、ぜひ手にしてくださいね

メディア関係の方のお問合せはこちらへお願いいたします
株式会社三五館
160-0002

東京都新宿区坂町21

リカビル1
Phone 03-3326-0035
Fax   03-3226-0170
http://www.sangokan.com
:
Mail sangokan@alpha-net.ne.jp

●メディア関係者のみなさまへ

本書に関するお問合せ・メディア掲載についてのご連絡は以下までお願いいたします

株式会社三五館
160-0002
東京都新宿区坂町21
リカビル1
Phone 03-3326-0035
Fax   03-3226-0170
http://www.sangokan.com
Mail: sangokan@alpha-net.ne.jp
担当 森上功太

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2008

1ステージ上の仕事を手にするためのヒント

1・自分より弱い立場の人には丁重に対応する。
2・後輩に飯を食わせろ
2・不平や愚痴しか言わない人とは距離を置く
3・自分の話しかしない人と、良い仕事はできない
4・寡黙な人は、心の中に大化けするビジネスを隠している
5・チャンスは上からしか降ってこない。
6・裕福な人が人格者とは限らないが、人を惹きつける力を持っている
7・裕福な人から盗むのは、お金ではなく人である
8・妨害やねたみは、自分の価値を高く評価していることの裏返し
9・2000人の人に伝えれば、大半の企画はまず実現する
10・無駄話は、自分より若い人とに限る

11・車や電車で移動したルートを、徒歩で追ってみる
12・チラシは必ず受け取れ
13・企画に煮詰まったら、コンビ二を常に回れ
14・コンビ二と電車の中吊り広告は、株価の動向より世論に詳しい
13・信号待ちの時は、必ず空を見上げる
14・必ず取りたい企画を提案する時は、ホテルのラウンジで
15・プレゼンの結果は、1週間前に決まっていると思え
16・交渉前はグリーン車で移動する
17・1ヶ月に一度、自腹でホテルに泊まれ
18・3ヶ月に一度、今まで自分が行ったことのない場所へ行け
19・絶好調を維持するには、複数の仕事を時間を区切って行う
20・ほとんどの人は実現するアイデアのうち、98パーセントを捨ててしまっている。

ぱらぱらとアイデアをひねってみたのですが、ご覧の版元様いかがでしょう?
もう少し煮詰めたら、企画書を提案させていただきますね。

あ、もし何か感じるところがありましたら、ぜひご連絡を
刊行に向けて、前向きなお話ができれば幸いです。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2008

まぶしい

珍しいほど積もる雪の日から、一転して今日は晴れ
雪の日の後の晴れた空って、なんでこんなにまぶしいんだろうね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2008

骨盤ストレッチ

全日空ホテル様の総合サイト「ヘルシー特集コーナー」で骨盤ストレッチの記事をプロフ写真入りで書かせていただきました。

http://www.anaihghotels.co.jp/enjoy/relax/0802.html

健康に関する記事って、表現が難しいんですけど、イラストレーターさんが良いイラストをつけてくださってるんで、有難い限りです。

文章とイラスト・写真が同じ方向を向いた時に生み出すイメージの大きさってすごいです。改めて勉強になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2008

目を凝らせばさくら

盛りの時期なら 皆 必ず桜の花を見上げるだろう
花を見上げて歓喜の声をあげるだろう

だが、花一輪一輪を見つめようとする人は、まずいない

寒の時期に咲いた桜ならなおさら

ましてや、最初の一輪を咲かせようとする桜なら
まず誰もが見過ごしてしまうだろう

淡く一輪だけふくらんだ
蕾の色を見つけられる人なぞ
まず居るまい

目を凝らせばさくら

そんな誰もが見過ごしてしまう輝きを
見つけられる人でありたい、と思う

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2008

価格.Com様にグルメ記事を書かせていただきました

価格.Com様にグルメ記事を書かせていただきました。

【ダイエット】人気急上昇中のダイエット系スープやスープ春雨をチェック
http://kakaku.com/article/sp/winter/news/20080130a.html

【グルメ】この冬に試したい大人の酒肴
http://kakaku.com/article/sp/winter/news/new.html

【ダイエット】冬太りを撃退する簡単リセットメニュー
http://kakaku.com/article/sp/winter/news/20080131a.html

「大人の酒肴」は、冬ならではの旬の酒肴とワインの紹介。
「ダイエットスープ」では、市販のダイエットスープの傾向と商品レビューを紹介。

そして、冬太りを撃退する簡単リセットメニューでは、松沢オリジナルの薬膳ダイエットメニューをご紹介させていただきました。

ぜひぜひご覧いただいて、ご活用くださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »