« December 2007 | Main | February 2008 »

January 2008

January 31, 2008

タンポポと仏料理

リヨンからやってきているフランス人料理人と昼食を取る。

電話で話すたびに、「日本は寒い」とぼやく彼。
なるほど、少し趣向を凝らしてみようか。寒の盛りだが、一足早い春を楽しむ昼食はどうだろう。

房総から会いに来てくれる予定の友人に無理を言って、タンポポの若葉を採集してきてもらう。

山中のやわらかな陽射しを浴びて育った若葉は、春の香りをまとっていた。
日本の穏やかな春の陽だまりを感じさせる香りだ。よしよし。

タンポポの若葉は、一枚一枚丁寧に洗い、熱湯をかけてすぐに冷水にさらす。
引き揚げて水気を切り、スライスした苺と和えて皿に盛る。

ソースを作る。
卵黄を湯せんにかけ、塩と柚子の果汁を少しを加えた後、よく攪拌。攪拌を続けながら、溶かしたバターを少しずつ加えて、乳化するまで攪拌を続ける。

タンポポの若葉のほろにがさと苺の香りを生かすために、スパイスは加えない。そのため、柚子とバターを加える量は慎重に。

sauce hollandaiseに似ているが、和風でもある。どちらでもあって、どちらでもない。

絵で言えば、油彩の名画をCGでコラージュしたようだ。和と欧の伝統的な味がお互いに主張しながら、一つの味を作り出す不思議な風味になった。

焼き上げたばかりのパンと、一日熟成させたレバーペーストを用意。
どちらも手作りで、全体の調和が取れるように趣向を凝らしてある。
レバーペーストの濃厚な風味は、ほろにがいタンポポの若葉にもよく合う。そのままでも、合わせても、新しい味を楽しめるという仕掛けだ。

食後の飲み物は、はちみつと柚子のレモネード風味の飲み物。
冬から春へ移り変わる日本のこの時期を、楽しんでもらえるのではないだろうか。

さてさて、厳しいプロの世界で生きている彼の舌は、どのような裁定を下すでしょうか。興味津々。

「これはなつかしい。小さい頃、よく祖母にタンポポの若葉でサラダを作ってもらいましたよ」

皿に目の前にした彼から、意外な答えが返ってきて驚いた。
かつての欧州では、タンポポの若葉を食用にすることは、さほど珍しいことではなかったらしい。

仏料理をはじめ、伝統的な欧州の料理を三代に渡って学んだ彼にとっては、タンポポはごくごくポピュラーな食材だったというわけだ。

もっとも、食のグローバル化が進む現在では、かつての伝統的な食事は珍しい存在だ。ちょっとしたおもてなしになる。

もてなしの狙いが思わぬ方向にずれてしまったが、彼にとっては、1万キロ離れた国で、なつかしい味を楽しむ時間になったようだ。

「それにしても、東京でこんな風味の良い野草がよく手に入りましたね」
「彼が千葉からやってくる時に、山の中で探してきてくれたんだ。さすがに、都会だと排気ガスや農薬が心配だからね。この食材は、取ってすぐ食べられるものを選んでもらったんだ」
「このためにですか? ありがとう! 大変感激しました」
同席した初対面の友人と、彼が屈託なく話しはじめるのを見て、僕もつい顔がほころんでしまう。

心が和む食事は、人を心から笑顔にする。
1人の笑顔は、テーブルを囲む人たちに広がる。

初対面の友人も、旧知の仲の私も、彼と親交を深める時間になった。

「タンポポのほろ苦い風味とソースがよく合うね」
「昔の日本では、タンポポを薬として食べていたんだ。漢方医学では、タンポポを解毒作用がある薬用植物として食べていたんだよ」

「それは初めて聞いた。この時期は、野菜が貴重になるというもあるだろうけど、体に優しいから、ヨーロッパでも食べてたんだろうね」

タンポポが、昔、薬用植物として食べられていたことを話すと、彼はとても興味深そうな顔を見せた。

食が健康とつながっていることを実感させられることが多々ある時代になった。
思わぬところで日本とヨーロッパの共通点を見つけたが、やはり食を通じて、健康を手にしたいという願いは、昔からずっとあったのだろう。

一足早い春の味覚を皆で楽しみながら、一人心の内で、皆の幸福と健康を願った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2008

桜の咲くころ

タイトルを見て、「?」と思われた方が、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

「桜といえば、春先に咲くもので、まだ少し時期が早いんじゃないの?」
ごもっともなお話ですが、実はこの時期に楽しめる桜もあるんですよ。

群馬の一部で咲く「冬桜」は、今が盛りの時期。
静岡の一部で咲く「十月桜」という種類の桜は、名前の通り、十月から翌年の一月ごろまで咲きます。

また静岡の河津地方で咲く「河津桜」は、もうそろそろ開花のシーズン。
2月中ごろになると満開になります。

お馴染みのソメイヨシノは、3月下旬から、5月くらいまで日本各地で楽しめますが、それよりもまだ遅い時期に楽しめる桜があります。

日本で一番遅く咲く「チシマザクラ」は、なんと開花が6月。

そのことを考えると、ほぼ半年以上にわたって、日本中のどこかで、何らかの桜が楽しめるというわけですね。

東京をはじめとした南関東は、例年にない冷え込みで、桜はおろか梅の花も見当たりそうにありませんでしたが、今日、取材に出かけた時に、十月桜の花を見つけました。

「梅一輪 一輪ほどの暖かさ」
服部嵐雪の有名な俳句ですが、寒さの中、春の訪れをみつけた喜びを詠んだ嵐雪の心が少しだけわかるような気がしました。

今年は、暖冬という予想に反して寒さが厳しい冬になりましたので、余計に春が待ち遠しい気分ですが、確実に春はそこまで来ているようです。

今日見つけた十月桜の花は、写真に収めそこねたので、代わりに去年の桜を。

389819573_253s_5


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2008

ニューヨークタイムズの映画評に掲載されました?

ここのところ、外国の映画関係の会社から、頻繁にメールが来るので「??」だったのですが……とある仕事のご相談メールを見てびっくら仰天!

意訳(原文は英語です)

親愛なる 日本の Naoki Matsuzawa様

ニューヨークタイムズのウェブ掲載記事で貴殿の素晴らしい仕事を知り、ご連絡を差し上げました。
弊社企画の映画作品製作にあたって、東京のロケーションが必要になるため、ぜひともお力をお貸しいただきたく……

ふーん、仕事の依頼か ありがたいねえ……

ん?

もう一度赤線部をRead

ニューヨークタイムズのウェブ掲載記事で貴殿の素晴らしい仕事を知り、ご連絡を差し上げました。

はあ? 
ニューヨークタイムズのウェブに俺の記事が載ってる?

おいおいおいおい!
ニューヨークタイムズなんて取材を受けたこともないし、なんかの記事の転載とかの連絡もないぞ。

ちょちょちょちょちょ、ちょっとまてちょっとまて
大体、何の記事だ? なにかやらかしたとか、ヤバイ記事だったら、めちゃめちゃ困るぞ。

さっそくググッてみた。

そしたら、ほんとにニューヨークタイムズの映画関係者のデータベースに、俺の名前が載ってたよ。
http://movies.nytimes.com/person/1455615/Naoki-Matsuzawa

The Fast and the Furious: Tokyo Drift (2006)て映画の東京ロケクルーになってるけど、え? 俺、そんな仕事もしてないし、シナリオとか広報とかも手伝ったことなんてないぞ。はて……

よくよく他の記事を追いかけてみたら、同姓同名の方でしたん♪

コンタクトが取れないから、アメリカの検索サイトだけじゃなくて、日本のヤフーとかで、検索したわけね。

たぶん、漢字の名前でも検索したんだろうな。漢字で検索したら、僕のサイト「小説家」カテゴリに登録されてるから、一発でたどり着くからね。

しかしびっくりしましたです。
「間違いメールですよ」と返事するのも癪なので、シナリオを3本と企画書を沿えてメールを送り返しました。

ええ、ええ、折角の機会ですもの。売り込みましょう。ぐふふ。
アメリカの映画会社に企画を直に売り込むなんて、5年ぶりっす。

なんか仕事が拾えたら、これまたうれしい誤算なんですけど

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2008

早くも各界から絶賛!

製作をお手伝いさせていただいたジーン中園氏の新刊「なぜあの人は5時帰りで年収が10倍になったのか」が22日にリリースされたんですけど、早くも各界から絶賛!

出版社さんから許可をいただいたので、書評の一部を転載させていただきますね。

とうとうやったな!

作家・株式会社商売科学研究所所長

伊吹 卓 様

本を見てすぐ、頭にガツンと来た。

『なぜあの人は、5時帰りで年収が10倍になったのか?』

すばらしいタイトルである。すぐに目次を見た。

7章、79項目の目次が並んでいるが、すべてが、みごとなキャッチフレーズになっている。

<とうとうやったな!>と思った。

実は私とジーンさんとの出会いは、もう20年ほど前のことである。彼はたまたま私の本を買って読み感動し、<こういう書き方なら俺にもできる!>と思ったらしい。そして処女作を書き、私のところへ送ってきた。

 その本を読んでみて驚いた。私のペンタッチと、そっくりだったのである。

 ただし、一つだけ欠点があった。目次のタイトルが平凡で魅力がない。

 そこでシドニーに電話して次のように話した。

「目次の一行、一行はキャッチフレーズと思いなさい。そのことさえ気づけば、10倍売れる!」

 それ以来、ジーンさんとは毎年のように会っている。

 すでに彼は本を数十冊書いている。

 そして彼の新作を久しぶりに見て、<あの“薬”が今ごろになって効いたのか!>と驚いた。

 79項目の目次が全部、イキイキしている。どの項目も、読みたくなる。読まないと損する――というキャッチフレーズになっている。

 実は昨年もジーンさんに会った。

 話を聞けば聞くほど多才な人であった。

 だから<天才的な人だなぁ>と思った。何をやっても一流レベルまで行ける人だと知った。

 そのとき、彼が質問した。

「もっと売れる本を書くには、どうしたらよいですか?」

私は答えた。

「あなたの有能さが目につきます。それが読者にとって劣等感を与えるのです。読者が劣等感を感じるのではなく、共感をもつような本を書くと10倍、売れます」

 そのとき、ジーンさんは何かを強く受け止めたような気がした。そして、その答えとしてこの本が誕生したのだと思う。

 フレー、フレー! である。

著者の日本人離れした合理性は、日本人が最も必要なもの!

著者の中園氏とは、国内外を問わず共に仕事をした仲間でした。

今でもシドニーから会いにきてくれます。いつも彼は“バイタリティーと行動力”に満ち溢れています。

ですからこの本に書かれていることはすべて彼の実体験から出た言葉であると言えるでしょう。驚いたことに、時間の使い方、考え方は私とまったく同じです。私も若い頃は1分1秒もムダにしたくなかった。

彼は朝食を抜いて執筆していますが、私は朝食を摂りながらラジオの英会話を聞いていました。通勤電車では、空いている早い時間に乗って経済新聞を熟読し、歩きながら英会話のテープを聴いていました。まさに「ながら族」でした。

さらには本を読む時間を短くする、速読法もやりました。時間のことに限らず、この本の内容に「そーだ、そーだ」とうなずきながら読むことができました。著者の日本人離れした合理性を、日本人はもっと身につけてほしいものです。

会社社長/相模原南ロータリークラブ会長(2008-2009年)

中山義夫様

こんなにスゴイこと、だれにも読ませたくない!

前向きで行動派のジーン中園さんのエッセンス79項目すべてが、人生成功の「虎の巻」だ。この本が20年前に出ていたら、私の人生は別のものになっていた。

それにもまして、「だれにも読ませたくない本」である。同感することもあれば、初めて知ったこともある。今からでも遅くない、いいことは実践してゆこうと決意した。ジーン中園さん、素晴らしい教えをいただき、ありがとう。

三島食品株式会社 代表取締役社長

三島 豊様

格差社会を生き抜くための知恵とチカラを与える実用書!

 人生で成功する条件は「経済基盤の構築」「時間をムダ使いしない」「人間関係の巧みな構築」 この三つを実践することである。

常識的と思うが、まずは睡眠時間の確保を優先し、「朝に起きる」ではなく「夜に眠る」ことを一日の行動の最初と考える逆転の発想など、特別能力に恵まれ選ばれた人間でなくてもすぐに実践できそうなことが満載されている。

 読み進むうちに著者の人生実践に裏打ちされた明快な理論には強い説得力を感じる。

著者は学生時代にアメリカ大陸往復8000キロ横断自転車旅行をして自信をつけ、人生の目標地図を描き、今日しか使えない時間の価値ある使い方と、お金は「使う」と「貯める」のバランス良い管理を実践し、若い頃に描いた「海外に住む」という目標を実現してオーストラリアに収まっている。

 人生には複数の正解があるのだからピンチも失敗も振り返るより前向きに考えて切り抜けるほうが得策である。その結果として成功がある。人生は残りの砂がどれだけあるのかわからない砂時計であるという。無駄にする時間はない。

 本書はあなたの成功への行動の第一歩を踏み出す指針になる。格差社会を成功者として生き抜く知恵と力を与えてくれる実用書である。

元・住友商事オーストラリア株式会社代表取締役社長

石井純一様

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2008

なぜガソリンが値上がりすると納豆が高くなるの?

読者さんからのメール

時々、政治や経済のことをブログに書いてあるので、質問させてください。
ガソリンや灯油が値上がりすると、納豆が値上がりすると聞きました。
それはどうしてですか? 

ええと、結論からいいますと、僕もわかりません。
それじゃ回答になってないんで、大体のカラクリを説明しますね。

ご存知の通り、納豆の中に石油は入っていません。

ところが、納豆を包装しているパックは、石油から作られています。
石油が値上がりしたら、当然こういったものも値上がりしますから、納豆自体の値段も高くしないと、納豆を作っている会社は赤字になっちゃいますよね。

まだまだあります。

納豆は、ゆでた大豆に納豆菌という菌を付着させて製造するのですが、原料の大豆をゆでるのに、石油やガスを使用します。

石油が値上がりすれば、納豆を作るのに、今よりもお金がかかることになりますから、納豆を作っている会社は、値上げをしないといけなくなるわけですね。

まだまだあります。
出来上がった納豆をスーパーやお店に運ぶときに、トラックを使いますから、石油の値段が上がれば、今までのお金では、お店に納豆を運んでもらえなくなります。その値段を上乗せしないと、納豆を作っている会社は赤字になっちゃいますから、値上げせざるを得ないわけですね。

そもそも、日本で販売されている納豆の原料になる大豆は、ほとんどがアメリカなどから輸入されたものです。当然、船で運んでくるわけですが、燃料に石油を使います。

石油が値上がりすれば、その分の費用は材料の大豆の値段に上乗せされますよね。
当然、今までの値段では納豆を作れなくなるので、納豆を作っている会社は、値段をあげざるを得なくなるわけです。

つまり

石油の値段があがると

外国から日本へ大豆を輸入する時に、船で運んでくる燃料費が値上がりする

大豆の値段が上がる

大豆をゆでたり、工場で納豆を作るのに使う機械の石油代が高くなる

納豆のパックや包装フィルムの値段が上がる

工場からスーパーへ運んでもらうときに使うトラックの燃料費が高くなる

とまあ、このように将棋倒しみたいな形で納豆の値段が高くなるというわけです。

一説によると、このまま石油の値段が上がり続けると、納豆の値段が45パーセント前後高くなるという話があります。うう、貧乏ライターにはかなり苦しい話っす。納豆だけが、タンパク源みたいな生活を送っているから、まさに死活問題っす。

納豆だけじゃなくて、野菜(ハウス栽培のものはボイラーの石油代が高くなる。運送費も納豆と同じく高くなる)や、食料品全般が何らかの影響を受けるでしょうね。ほんと困った話です。

ところで、そもそもなんで石油が高くなるの? そう思った方はスルドイです。

なんで石油が高くなるかっていうと、石油の取れる国の政情が不安定になったりすると、石油が手に入りにくくなるんじゃないかと思って、買い占めたりする人が出てくるからです。

困ったことに、たくさん買い占めると、みんながほしがって石油の値段が上がるので、値段が上がった時に石油を売ってお金を儲けようとする人もいるんですね。

こういった人が出てくるのは、お金の価値が信頼できなくなっているという見方もできます。

たとえばの話ですが、もし、明日から、お金を払っても、物が買えなくなるとしたら、どうするでしょうか?

とりあえず、お金が使えるうちに、食料とか生活に必要なものを買い貯めたり、お金と同じ価値があるものに、お金を交換しておくようにするのではないでしょうか。

日本に住んでいると、明日からお金を払っても買い物ができなくなるという状態は想像しにくいですけど、世界全体を見渡してみると、お金を払っても買い物ができなくなったり、貯金をしてもお金の価値がどんどん減っていきかねないので、とりあえず石油や生活必需品を買えるうちに買っておこうとする国もでてくるというわけです。
それ以外に、外国のお金を貯金したり、金やプラチナのような世界中どこでも価値があるとみなされるものに交換しておこうとする人もでてきます。(金やプラチナの値段があがっているのは、そんな動きがあるということです)

もっとも、今の石油の価格が上昇しているのは、ファンドといった投資で利益を得ている人たちがアメリカのサブプライムローン問題(おうちを建てたい人に杜撰なお金の貸し出しをして、数十兆円程度の赤字を出した。現在、世界中が影響を受けています)や、米国の政治姿勢方針を見て動いているからなんでしょうけど、政治的な問題からこういった騒動が起きているのはたしかです。

その詳細は、かなり複雑なのでまた機会を改めて説明しますけど、ごくごく普通の暮らしをしていても、世界の動きに影響されていることはおわかりいただけたかと思います。

納豆を見れば世界が見えるというわけですね(それはちと大袈裟か)

政治や経済というと、大上段に見てしまいがちですが、本当は私たち個人の生活に密着した話題なんですね。一人ひとりが関心を持てば、もう少し今の状態はいい方向に向かうかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2008

本日発売 書店へGo!

Gene04a

既に告知させていただきましたが、本日発売なので再度掲載

書店さんへお出かけしたら、ぜひ手に取ってくださいね。

新刊書籍発売のおしらせ

松沢が編集を担当させていただいています。読み物的なビジネス書ですので、20代・30代の方は、ぜひご一読を。

「なぜあの人は、5時帰りで年収が10倍になったのか?」
成功者だけが知っている、時間とお金の極意
ジーン・中園著、三五館刊 予価1,470円

時間がない、お金がない、人間関係がうまくいかない
を「ある」に変えるヒントが本書にあります。

日本マクドナルド創業者・藤田田の元ブレーンが
デキる人はやっている
「時間の使い方」
「お金の儲け方」
「人間関係の築き方・活かし方」
「日常生活の過ごし方」
の思考方法&実践法を一挙大公開!
この一冊で、
「頭の使い方」「モノの見方」「考え方」が変わるから、
「仕事」も「年収」も変わります!
本書が、ビジネスマンの夢を現実にする、お手伝いをします。

たとえば・・・
・なぜエクゼクティブは、スポーツクラブに通うのか?
・お金は見た目で人を選ぶ
・20までの九九を覚えて、収入を10倍に増やす法
・人生の脚本を書く
・逆立ちしたら湧き起こる、新鮮なアイデア
・3つの「S」という落とし穴
・大ボラを吹きなさい
・批判と塩味は控えめに・・・etc.

1月22日発売予定です。書店でみかけましたら、ぜひ手に取ってくださいね

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 19, 2008

センター試験本番 頑張れ受験生

いよいよセンター試験本番ですね。

頑張れ受験生 桜咲く4月はもうすぐだ。

そうそう、以前このブログで、センター試験古文の解説やったけど
同じ問題は出ないから山かけても無駄だよ。きちんと勉強してね。

現代語とは意味が違う単語(うつくし とか)を中心に、しっかり300語ほど覚えて
和歌の意味を読み解く読解法とか、全体の大義要約ができるトレーニングができるように練習してた人はきちんと点が取れたんじゃないかな?

賢明な受験生は、古文だけじゃなくて、現代文や英語の長文読解の解答にも使えることがわかったかもね。きっと得点がアップしていることでせう。

機会がありましたら、また解説したいと思いますけど、まずはセンター試験本番がんばってね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2008

薔薇の吐息

いやさ、さっき広告で見たんだけど
食べると、吐息が薔薇の香りになるっていう製品があるのね。

そういえば、噛むと体臭が薔薇の香りになるっていうガムもあったねえ。

エチケットに気を使う人が増えたのね。ふーん

全然関係ない話なんだけどさ、吐息を薔薇の香りに変えてしまう技術を応用して、

吐息がシュールストレミングの香りになるガムとか
吐息が賞味期限切れのふなずしの香りになるガムとか
吐息が5年物のくさやの香りになるガムとか

作れないかしら?

一口食べたら、体からシュールストレミングの香りが3日間ただようガムとか食べさせたら、すごかろうなあ……うひひ 罰ゲームに最高かも

※シュールストレミング にしんを発酵させた缶詰で、個性的な香りのする北欧の魚の缶詰です。(個人的には好きですが)

余談ですが、芳香と悪臭って紙一重で、インドールとかスカトール(便の臭いの化学物質)をアルコールで薄めると香水の材料になるんだとか。

有名なシャネルのNo5なんていう香水も、スカンクが悪臭を放つ分泌腺から取れる化学物質をアルコールで希釈したものを材料に使うらしいね。

てことは、
吐息がシュールストレミングの香りになるガムとか
吐息が賞味期限切れのふなずしの香りになるガムとか
吐息が5年物のくさやの香りになるガムとか

噛んだ後に、お酒がぶ飲みすると、吐息が薔薇の香りになったりするかも。

ンなことはないかもしれないけど、お酒を飲んだ後に、酒臭さを芳香に変えてくれるガムとかあったら、売れるカモ。

ロッ●さん、いかがでせう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2008

薬害肝炎救済法施行 まだ残るもう一つの問題

非加熱フィブリノゲン製剤などにより、C型肝炎に感染された方の健康被害救済を図る「薬害肝炎救済法」が成立。16日に施行された。

同法施行にあたって、升添要一厚生労働大臣が薬害C型肝炎訴訟原告団・弁護団と和解に向けた基本合意書に調印し、福田康夫首相が原告団代表に対して謝罪するなど、問題解決に向けた道筋を示したことは評価できる。

しかしながら、C型肝炎ウイルスが血液製剤以外にも感染ルートを持ち、拡大した可能性があることを考えると、医薬品ないし医療行為によってC型肝炎の感染が拡大した事実を様々な視点から検証し、国民全体の健康を回復する体制を擁立する姿勢が望まれるように思う。

薬害肝炎は、フィブリノゲン製剤と呼ばれる医薬品が原因で拡大した。

フィブリノゲン製剤とは、血液中に含まれる血液凝固因子(血液の凝固作用に関係する成分)を原料とした医薬品である。
血液凝固にはたらき、出血を抑制する作用があることから、血友病などの先天性遺伝疾患(血友病は、血液の凝固因子が造られない先天性遺伝性疾患)の方の治療に用いられてきた。

この医薬品は、血液を原料にしているため、製造にあたっては血液を提供していただく方の協力が不可欠となる。ところが、国内で行われている献血だけでは、必要量を確保できないことから、海外で提供された血液を原料とした製剤が医療現場に提供された。
その製剤の原料となる血液を提供した方の中に、C型肝炎ウイルスに感染した方がいたため、血液製剤にによるC型肝炎ウイルスが拡大した経緯がある。

(C型肝炎の発見当初、C型肝炎の感染経路が確認されていなかった(当初は、非A非B型肝炎と呼ばれていた)ことや、感染経路の確認後に医薬品の回収や、感染の予防措置を迅速に行えなかったことも感染拡大の原因となった。現在は、血液製剤を乾燥加熱・界面活性剤処理を行うことによって感染を遮断する方法が確立したため、血液製剤由来の感染が起きる心配はない)

つまるところ、血液製剤由来でC型肝炎に感染するということは、血液製剤を投与することが原因ということではなく、C型肝炎ウイルスに感染した方の血液ないし、血液成分を投与されたり、何らかの形で接触することが感染拡大の原因ということである。

このことを考えると、昭和50年代ごろに学童に行っていた集団予防接種なども、血液製剤同様の感染が起きた可能性がある。

当時は、子供の数が多く、また、学童に義務付けられていた予防接種が多数存在した。そのため、学校の体育館を利用して、集団で予防接種を受けることが多々あった。(私も記憶がある)

医療機器の節減が目的だったのかもしれないが、当時はディスポ(使い捨て)の注射器を使用せず、複数人分の薬剤を吸引し、1本の注射器で次々と学童にワクチンを投与するなどといったことが、日常的に行われていた。(当然、C型肝炎ウイルスに感染していた児童がいると、他の児童に感染するおそれがある)

C型肝炎は、感染後すぐに自覚症状が現れることもないし、二次的に発症する肝硬変などの疾病が現れるのは、感染から20年近い時間がかかることも珍しくない。

そのことを考えると、感染の事実を知らないまま、日常生活を過ごしている方も多いのではないだろうか。(私も同じ世代なので、決して人事ではない)

冗長になるので、様々なケースについての解説は割愛するが、今回の薬害肝炎救済法が成立したのを機に、過去の医療行政において、感染のリスクがあった行為について開示を行い、二次的な感染の拡大防止と健康被害の回復を図る措置を行ってほしいと思う。


取材活動のために、購読料(月額500円)のお支払いをお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 12, 2008

北九州講演へ

明日になってしまいましたが、北九州で講演&ライブしてまいります。

「プロデューサーは次を創る。フリーランスクリエーターに求められるスキルとは? 作家松沢直樹氏の講演とワークショップ(150分)」

今回は、企業教育的なクローズド講演なので一般の方はご覧いただけませんが、今年はこういう機会をまめに創りたいと思います。

しかしまあ、説教臭いテーマだなあ。。。。僕もそういう年になっちまったか(しみじみ)

夜は、小倉の某所で、地元出身ミュージシャンと合流して、ライブでハジケたいと思います。拙者はVJ担当予定

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新刊書籍発売のおしらせ

Gene04a_3   

新刊書籍発売のおしらせ
松沢が編集を担当させていただいています。

読み物的なビジネス書ですので、20代・30代の方は、ぜひご一読を                                   

                                                                                             
「なぜあの人は、5時帰りで年収が10倍になったのか?」
成功者だけが知っている、時間とお金の極意
ジーン・中園著、三五館刊 予価1,470円

四六判/並製/224ページ

〔ISBN〕978-4-88320-417-5
時間がない、お金がない、人間関係がうまくいかない
を「ある」に変えるヒントが本書にあります。

日本マクドナルド創業者・藤田田の元ブレーンが
デキる人はやっている
「時間の使い方」
「お金の儲け方」
「人間関係の築き方・活かし方」
「日常生活の過ごし方」
の思考方法&実践法を一挙大公開!
この一冊で、
「頭の使い方」「モノの見方」「考え方」が変わるから、
「仕事」も「年収」も変わります!
本書が、ビジネスマンの夢を現実にする、お手伝いをします。

たとえば・・・
・なぜエクゼクティブは、スポーツクラブに通うのか?
・お金は見た目で人を選ぶ
・20までの九九を覚えて、収入を10倍に増やす法
・人生の脚本を書く
・逆立ちしたら湧き起こる、新鮮なアイデア
・3つの「S」という落とし穴
・大ボラを吹きなさい
・批判と塩味は控えめに・・・etc.

1月22日発売予定です。書店でみかけましたら、ぜひ手に取ってくださいね

お問合せはこちらへ
株式会社三五館
160-0002

東京都新宿区坂町21

リカビル1
Phone 03-3326-0035
Fax   03-3226-0170
http://www.sangokan.com
:
Mail sangokan@alpha-net.ne.jp

●メディア関係者のみなさまへ

本書に関するお問合せ・メディア掲載についてのご連絡は以下までお願いいたします

株式会社三五館
160-0002
東京都新宿区坂町21
リカビル1
Phone 03-3326-0035
Fax   03-3226-0170
http://www.sangokan.com
Mail: sangokan@alpha-net.ne.jp
担当 森上功太

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2008

アルファポリスさんのトップページに

ちょっとお知らせ

明日、12日ですが
出版社アルファポリスさんのトップページにある
Webコンテンツピックアップのコーナーで、
このブログが紹介されるらしいです。

よろしかったら、ご覧になってくださいませ

アルファポリストップページ
http://www.alphapolis.co.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2008

山吹色のお菓子

いや~笑った。埼玉のお菓子メーカーさんの製品なんだけど、これはすごいわ。

表題は、メーカーさんのお菓子の名前なんだけど、「山吹色」というのは、江戸時代の隠語で、「賄賂」のこと。
菓子箱の中に、重ねた小判を詰めて贈ったことから、賄賂のことを「山吹色のお菓子」とか、単に山吹色と呼ぶようになったとか。(「切り餅」という呼び方もあったらしいですね)

もしや? と思ったんですが、直球でした。

まずは、こちらをご覧あれ。拙者、大層気に入りました。

江戸時代の商人が、お役人様に賄賂を贈る様子を模して、塗り箱の中に、小判型の小さな入れ物に詰めたお菓子が入っているという、しゃれと遊び心が効いた一品。

お菓子の方は、ごま風味のパイなんだけど、「ごまかして」手心を加えてもらうということをもじったから「ごま風味」なんでしょうか? ここにも洒落心が満載なのかな。

サイトの説明も、遊び心満載。「このサイトは(ネタ)ではありません。販売サイトです」ってのを読んだ時は、思わず吹きました。

しかしまあ、よくぞ商品化に踏み切られましたよなあ。マジメな話だけど、欲しがるお客様って、たくさんいらっしゃるだろうね。

お付き合いが浅い取引先とか、公的機関に持参するのは、かなりデンジャラスですが、気心知れたお客様なら、マンネリな取引の潤滑剤になりそうですね。

僕みたいな業界で仕事してる方なんかは、毎回プレゼンで仕事を取らないといけない人が多いから、お客様に持参するのも面白いかも。

こんな感じで、もれなく悪代官ごっこが楽しめます。

「次回のプレゼンでございますが、プロデューサー様、どうかこれでよしなに……」

「うむ? 塗り箱とな? ほほう、山吹色を持参するとは良い心がけじゃ。その方、悪いようにはせぬぞ」

「有難う存じます。お取り計らいをいただきましたら、プロデューサー様には、山吹色の他にも、お菓子を召し上がっていただこうかと考えておりまする」

「ふふ、松澤屋 おぬしも悪よのう

な~んて展開になると面白いでしょうなあ(妄想中)

それはさておいて、お菓子はすごくマジメに作ってあるんでしょうけど、このサイト遊び心が満載。山吹色の質問に玉虫色の回答ってのが傑作ですな。

中身のお菓子もご贈答品にスグレモノのようですが、どなたかご贈答いただけないかしらん? いろんな意味で、山吹色のお菓子をお待ちしております。(ヲイ)

お中元・お歳暮・ワイロには山吹色のお菓子

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 07, 2008

ロシア料理を作りに東京へ

手がけている本の編集作業がとりあえず責了。

一日時間が空いたので、自分の企画を手がけようと思ったら、知人から「ロシア料理は作れるか?」という電話が。あらら、料理のお仕事。

有難い限りではあるが、体力的には結構きつい。

「ロシア料理といっても、ずいぶん色々な料理があるんだが、一体どのようなものを?」 と尋ねたら、

「具体的なメニューは思いつかないが、家庭的な雰囲気でなおかつちょっと豪華な雰囲気のものを」というお達しが。ご無体な。

なんだか青山あたりで流行ってる美容院で、カットをお願いする客みたいな注文だが、致し方がない。

「言い忘れたが、食材の予算は一人当たり2000円まで。ギャラ別にするから頼む」との追記事項が とほほほ…厳しいですなあ。

しかたない。こんな感じで行きますか

●冷たい前菜の盛り合わせ

鰯の酢漬け
Икра(イクラ:注 イクラとはロシア語で魚の卵のこと。必ずしも鮭の卵とは限らない。お正月の放出品を安く利用)
キャビア(本物は予算的に無理なので、ランプフィッシュの模造品)

きゅうりとにんにくとニンジンの酢漬け
チーズ盛り合わせ

鶏の蒸し物とポテトのサラダ
Блины(ブリンヌイ)そば粉を混ぜたロシア風クレープ
   (もともとはチェコ料理 
    前菜をクレープの中にくるんで、スメタナ(後ほど説明)をつけて食べます)

●温かい前菜
たらばがにとマッシュルームのグラタン
(もともとは仏料理だが、ロシアでよく食べられている料理。
 予算の関係上、たらばがにとマッシュルームは缶詰を使用)

●キャベツとほししいたけのトマトシチー(スープ)

松沢のオリジナル(思いつきとも言うけど)
ボルシチはウクライナの料理だし、ビート(赤カブ)が手に入らないので、このように。
キャベツをみじん切りにし、塩と酢でしんなりさせ、ホールトマトの缶詰と水で煮込む。出汁は、100均で購入した干ししいたけを、細かく刻んで投入。

スメタナ(後ほど説明)と合わせると、非常に風味のよいスープとなることを発見。余ったら持って帰ろうと思って、大なべ1杯分作ったのに、皆様完食。。。うまくいかないもんだ。有難い話ではありますが

●メイン
キエフ風カツレツ
鶏の胸肉を薄く伸ばして、バターの塊を巻き、パン粉をつけて揚げたカツ。ナイフを入れた時に、溶けたバターが染みでてくる。ロシアでは、ビーフやポークよりも鶏肉が高いため、好まれる。

●デザート
焼きリンゴ
パスハ(レアチーズケーキ)

●お飲み物 водка(ウオッカ)と紅茶

仕込みの合間に、忘れずにスメタナを作る。
スメタナとは、サワークリームというか、ヨーグルトというか、ロシア料理では必ずといって使われる発酵乳。
ロシア料理は、ほとんどの料理やスープに、このスメタナをつけて食べます。
日本の味噌や醤油に近い感覚なんでしょうな。

現物は、なんかねっとりとした感じで、一時流行ったトルコ風アイスのような粘り気があるのですけど、日本ではほとんど流通していません。

仕方がないので、生クリームに水分を切ったヨーグルトを混ぜ、レモン果汁を加えて代用。大変好評でした(よかった)

しかしまあ、日曜とはいえ、みなさん昼間からよく食うこと。
誰一人お残しなしなのは嬉しい限りですが、そんなに食べて大丈夫なの? という感じ。

「キエフ風カツがとてもおいしかった。ずいぶん本格的ですが、ロシアにいたことはあるのですか?」
「Нет(いいえ)欧州にはいたことがありますが、ロシアには住んだことがありません」

レニングラード(現在のサンクトペテルブルグ)から、仕事で駐日している女性からの質問には笑った。

彼女曰く「もう少し量があると、なお良かった」とのこと。
「おいおい、まだ食べるのかよ」という顔をしたら、同棲中の彼にも食べさせたいとのこと。

あらら、ご馳走さま。たしかに、東京は物価が高いからなあ。

作りすぎたバスハ(レアチーズケーキ)と焼きリンゴ、ブリヌイをナプキンに包んでケーキの箱につめ、お持たせにしてそっと渡す。

Благодарю вас.
(ありがとう。彼、とっても喜ぶと思うわ・意訳)
мне быть с тобой
(彼はあなたと出会ってとても幸せだと思いますよ・意訳 間違ってると思うがそんなニュアンス)

つたないロシア語だが意味は通じるらしい。恋する女性の心理は、どこの国も同じってことでしょうね。

食後は、プーシキンの詩やら、ソ連崩壊後のロシア各地の話やら、チェチェン紛争の問題やら、北方領土問題やら、いろんな話がテーブルの上を飛び交った。

日本人として、話題に加わりにくいデリケートな話も多かったのだけど、満腹は怒りを遠ざけるらしい。終始和やかな雰囲気で、意見を交換することができたのは非常に良かった。

体力的にはきつかったが、実りの多い一日でしたな。
よきかなよきかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2008

あけましておめでとうございます

Higematsu_3   
みなさま、あけましておめでとうございます。
気がつけば、正月も3日ですが、実は、大晦日前後からずっと仕事してまして、やっとこさひと段落してます。
なんかね、もう昼夜問わず不眠不休で仕事してたんで、ヒゲが伸びっぱなしで、雪山で遭難したみたいっす。。。。

仕事中、コンビ二に酒を買いに行ったら、店員さんが強盗かと思ったらしく、バックヤードに引っ込んでしまったのには、笑いましたが、なにはともあれひと段落。
プロデュースをお手伝いさせていただいている本のゲラチェックとか、色々終わったし、一時の正月気分。ふぐのひれ酒でも飲みながら、少しゆるゆるしたいと思います。
昨年は、自著作品も少しずつリリースできて、停滞からやっと脱出したのを実感してます。
今年はもっとペースをあげて、やっていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。
2008 1.3 松沢直樹

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »