« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

March 22, 2006

WBCとナショナリズム

テレビなぞ見るひまもなく仕事してたので

日本が世界一になったことを知らなんだ。

いや、野球のことね。

というか、WBCってプロレスかなんかの試合かと思ったくらい

(ごく少数だけど日本中探せば俺みたいな人もいるだろうけどね)

少年時代から野球はあんまり関心がなかったんだが、

王さんが監督をやってたというのには興味を覚えた。

(野球あんまりやらなかったのは、左利きなので田舎では道具が手に入らず、

なかなかゲームに参加できなかったからなんだけどね)

僕の世代だと、野球に関心のない少数派でも、王監督が現役時代のころの

ことを知らない人はいないだろう。

ホームラン打数で、世界記録を樹立した人だし、実際のゲームに出れば

ことごとく逆転ホームランを打つ。

ここ一番の場面での強さは、スポーツに興味のない人でも

魅了してしまうカリスマがあった。

また、天性のめぐまれた才能に溺れず、努力をおしまず

練習に練習を重ねる王さんの現役時の姿は

努力が才能以上の実力を引き出してくれるという希望を

世の様々な人に教えていたのではないだろうか。

もちろんゲームに恵まれたこともあるだろうけど、

王ジャパンの優勝は、勤勉と努力がよい結果を生むと信じていた

かつての日本の希望を思い出させてくれたように思う。

(加えていうなら、決勝で当たったキューバの方たちも

相手チームの勝利を祝福するという、スポーツマンシップ精神が

感じられて好感が持てたな)

さて、いくらスポーツといはいえど、オリンピックや今回のWBCのように

国を代表する選手が参加する大会になると、おのずと選手も観客も

帰属している国家を意識するようになる。

ふだん国旗や国歌について

苦言を呈していらっしゃる方たちの意見はどこへやら

多くの観客は一色のユニホームを着て、

日の丸の旗を振りかざして応援する

姿一色になってたね。

かの様子を見ると、入学式や卒業式に国旗掲揚したり

国家を斉唱するくらいで

過剰なまでにアレルギー反応を示す世論がいかに矛盾しているか、

また、それらの意見が作られた意見であるということがわかる。

「スポーツに政治を持ち込むな」とはよく言われることだが、

異常なくらいに国旗や国歌にアレルギー反応を示す最近の世論が

スポーツの試合とはいえ、ナショナリズムの色彩が濃くなることに

何の言及もしないのは、いささか奇妙である。

国際社会の中で、自国はもちろん外国の国旗や

国歌に敬意を払うのは当たり前すぎるほどの常識なのだが、

そのことを危惧している身としては

オリンピックや今回のWBCの試合に見られるナショナリズム

(国家への帰属意識という方が適切だろうか)が見られることに

安堵感を覚える。

さて、この矛盾を、今回のWBCの報道を通じてメディア側から見てみると、

その真相が見えてくる。

王ジャパンが優勝を決めたニュースは世界中で配信されたが

対戦国のキューバですら、日本の優勝を祝福する報道を行った。

(キューバは一応、日本と複雑な関係にある社会主義国家である)

日本と国交の深いアメリカは、多くのニュース番組でトップニュースで

報道を行った(イチロー選手などがシアトルマリナーズに在籍していることも

あるからだろうが)

ところが、政治的な問題で日本と国家間の懸案事項が多い韓国は

ほとんどのニュース番組で、第五項目の映像なし程度のニュース

(要するに伝達事項に等しい)としてしか報道していない。

中国についても同様である。

ここで誤解のないように触れておきたいが、

中国や韓国のマスコミの報道姿勢が

かの国の国民の総意を反映しているわけではない。

当然、スポーツの結果として日本の優勝に

拍手を惜しまず祝福している方は大勢いらっしゃる。

本来、スポーツとはそういうもののはずだから自然なことなのだが、

マスコミに対して圧力をかけ、スポーツをプロパガンダとして

利用しようとしている力があるということだ。

そのことを読み解く必要があるように思う。

| | Comments (0)

March 21, 2006

桜咲いた

夕刻から打ち合わせに向かう途中

何気なく空を見上げたら

月が輝き始めた空の中に一輪だけ

桜の花が咲いてた。早く満開の桜が見たいな

DSCF0211

| | Comments (0)

March 19, 2006

自分よりも大事な人はいますか?

去年の夏に、福岡の文芸サイトで連載していた

原爆をテーマにした児童向けの小説

「ぼくたちの空とポポの木」がいよいよ本になる。

で、ゲラのチェック(できあがり前の最終チェック)をやっているんだけど、

すごくいい仕上がりだ。

福岡在住のイラストレーターさんタッグを組んで

(というか、一方的にお願いしたんだけどさ)挿画を描いてもらったんだけど、

これがまたすごくいい仕上がり。最高だね


僕は、政治的なものとか宗教的な思想がからむ作品って

書く事はまずないんだけど、

今回はあえて戦争の問題をテーマにして、書くことにした。

昔、戦争を知らない子供たちという歌があったらしいけど、

戦争をリアルタイムに経験した祖父母や両親は、

どこか冷めた目で見ていたのを覚えている

(僕は、リアルタイムに聞いていたわけではないので念のため)

「戦争なんて、生ぬるいもんじゃないんだよ

赤ん坊だった自分の子供を捨てて中国から逃げて帰ってこなきゃ

いけない人だってたくさんいたんだから。

焼け焦げた家族の遺体をそのままにして

逃げなきゃいけなかった人だっていたんだから」

中国に駐留していた人たちの引き上げ港だった博多に

しばらく住んでいた祖母は、時々そんなことを言うことがあった。

子供心にも、その言葉はとても重く耳に響いたことを覚えている。

言葉にならないほど悲しいことを繰り返して、

生き抜いてきた人だけが伝えられる

短いけど、深い深い重みのある言葉だった。

戦争を知らずに、ぬくぬくと育ったと言われた僕の世代が、

もう、中年と呼ばれる年になっている。

僕が子供だったころは、今とさほど変わらない時代だったんだけど、

やはり、戦争を記憶する人はたくさんいたし、その爪あとがどこかに残っていた。

なにより忘れられないのは、原爆の問題だろう。
昭和二十年の8・9に長崎に投下された原爆は、

もともと福岡の北九州に投下される予定だった。

たまたま、その日の北九州は天候が悪かったため、

当日になって長崎に攻撃目標が変えられてしまったという事実がある。

(もし、その日に原爆が投下されていたら、

僕は間違いなくこの世に生まれていない。

同じく、広島に投下された原爆の攻撃目標だった横浜も、

時間の流れが変わらなければ僕の人生を大きくかえている

街になっていたかもしれない)

それは、子供心に触れてはいけないような気がしていたし、

忘れなければいけないことのように思えたし、

もう二度とやってこないことのように思えたんだけど、

どうやらそうではないのかもしれない。

この数年、歴史や国際政治を勉強する機会に恵まれたのがあるんだけど、

この数年の世界の状況を見ると、

日本が戦争に突入した65年前と非常によく似た様相を見せはじめている。

あれだけ論議を呼んだ自衛隊の海外派遣については

誰も言及することがなくなってしまったし、きちんとした論議もされないまま、

日本は再軍備を始めている。

事実上、空母や偵察衛星、ミサイル防衛設備といった、

外国を攻めるための攻撃兵器の配備がすでに終わっている。

半ばメディアによって国民に植えつけられたに等しい

日本やアジア各国、そしてアメリカとの緊張が、いつ実際の戦争という形に

なってもおかしくない状態のように思う。


なによりこの国は、幸福を喜べない国になってしまったし、

自分以外の大事な人に心を注げない国になってしまったように思う。

口幅ったい言い方だが、やはり戦争を経験した世代の方が

親として僕たちを教育していた時代は、問題も多かったものの、

自分以外の大事な人を見つけることを、どこかで教えてくれたように思う。

そのことを今の子供たちにどうやって伝えればいいのだろうか

一介のもの書きが、そんなメッセージ性の高い作品を書くのは

恐れ多いような気もするが、今伝えておかなければ、

永遠に時間の波の中に埋もれてしまうような気もする。

そう考えて、作品にすることにした。

物語の舞台は昭和五十年の北九州・小倉

不況の影響で、夏休みがあけたとたんに、全国に散らばってしまうクラスメイトが、

担任の先生が病に倒れたことを機に、最後の思い出を作ろうと結束を固める。

その中で知った、原爆の問題。

そして先生の病が原爆がもたらしたものだという事実を

子供たちはそれぞれの立場で考え始める。

実は、この物語は、僕が少年時代に経験した実話をモチーフにしている。

とはいえ、あまりに凄惨なことは書きたくないから、戦争の矛盾に絡めて、

自分以外に大事にできる人を探せる人生が素晴らしいということを、

子供にも理解しやすい形にして物語を編むことにした。

ずいぶん時間がかかってしまったけど、

一人でも多くの子供たちに届いてほしいと思う。

| | Comments (0)

メルマガ再開しました

どこまで待たせるんじゃい!

というお叱りのメールいただきましたです。はい

あ、メルマガ連続小説の「桜の舞う空の下で」ですね

年度末で締め切りの連続ですが、やっとこさ資料がそろったので

ちくちくと書き進めております。

国会議事堂前駅を占拠したテログループの中に自分の彼女が?

最新兵器で武装したテログループから、彼女の奪還をはかる

ロンと天才ハッカーの優、そしてタカさん

いよいよ物語はラストへ向けて加速していきます。

おたのしみに

| | Comments (0)

March 12, 2006

春はどこから

メルマガまだ~というメッセージが届いてます。

うう、すまんの~諸々の仕事でどうしてもまにあわなんだ。

いやさ、こう見えても物書きだから、週三回あれくらいの文章書いて

メルマガ流すなんてそんなに苦労はしないんだけど

エッセイまがいの駄文と違って、ミステリ小説なんかだと

取材がほんとに大変なんですわ。

特に今回の「桜の舞う空の下で」っていう小説は軍事ミステリという

自分の手がけたことのない分野なので、資料収集がほんとに大変。

専門的なところを適当に書き流すこともできるけど、それだと

面白みにかけちゃうからね。

そんなわけで、仕事をこなしつつ、取材しつつ書いてます。

なんだかんだで、後半に入ってどんどんラストが近づいてきてますが

桜の時期には終われるかな…そうすると物語とシンクロするみたいで

すごくいいなと思ったりなんかしてます

| | Comments (0)

March 03, 2006

メッセージありがとうございました

本日3月3日が誕生日だったのですけど

メルマガ読んでくださってる方とか、サイトを訪問してくださった方から

たくさんお祝いのメッセージをいただきました。

感謝感謝です。

できるだけお返事差し上げたいのですけど

300通以上もメールが来てるので、全員にお返事は差し上げられそうに

ないですけど、一通一通、全部目を通させていただきますね。

過分なお祝いありがとうございます。

これからも精進して作品を書いていきたいと思いますので

よろしくお願いいたします

2006 3・3

松沢直樹 拝

| | Comments (0)

March 02, 2006

玄侑宗久氏の作品を読む

一通りの仕事を終えた後、先日立ち寄った書店で手にした

芥川賞作家 玄侑宗久氏の小説「祝福」を手にする。

写真家の坂本真典氏が、自らの作品 数万点の中から選び出したという

蓮の花の写真が美しい。

(左下のお気に入り・おすすめ本の一番上に追加しておきました。)

しかも、一ページごとに挿入されていてこの紙を使って…

この価格で販売とは…採算が取れるのだろうか…

などとプロらしいことを一応考えてみたりするのが、

自分でもおかしかった。

最初の一行に目を落とすと、私はただの鑑賞者になる。

現役の僧侶でもある、氏の作品らしく蓮の花

(仏教では蓮の花は特別な意味合いを持つ)の写真が

挿入されているのかと思ったが全く違った。

また、氏の展開する作品世界も、だ。

物語は、定職のない男が春先に出会った

中国人女性との出会いからすべりだしていく。

連絡する手段のない女性との再会を運命に願い、

そしてかなえた男が、女性と過ごす時間の中で、

自らの人生を変えていく様が巧みに表現されている。

物語の中盤では、女性との濃密な時間の中で、

さまざまな人たちとの出会いが広がる。

それらを偶然ではなく必然として考え、

かけがえのないものとしてとらえはじめる

男の心情の変化は、しなやかさを感じる。

そして、女性との出会いを、

人間としての愛まで昇華させていく中、

若い男性としての心が赤裸々に

揺れ動く様が綴られているのには

美しさを感じる。

これ以上の作品の梗概を書くのは、

はばかられるので割愛する。

(私のような筆力のない物書きが、

数百字で表現できる内容ではない)

一読した後、この作品は作者の体験を綴ったものでは

ないかと錯覚した。

一ページごとに添えられている写真よりも、

文章が力強く感じるからである。

プロ中のプロの写真家でも、一瞬の生命の輝きを写真に

封じ込めることは容易ではない。

写真家の坂本氏はそれを熟知していらしゃったのだろう。

それだけのキャリアのある方が、

数万点の自らの作品の中から

選び出してぶつけてくるというのは、

文字通り手加減なしという意味である

(おそらくボツになった作品ですら、

相当のレベルのものに違いない)

その鮮烈な写真たちの前で、氏の文章は、

写真の圧倒的な表現力に屈することなく、

自らの世界を構築しているように見えた。

一目で作品の全体像が鑑賞者の心に

映る写真やイラストと違って、

文章は鑑賞者が自分の意思で「読み進める」という

作業が必要になる。

読者が読了する前に投げ出されてしまえば、

作品の全体像は何も伝わらないか、

曲解されるだけに終わるだろう。

そういった意味で、「文章」という表現は、

不利な側面がある。

つまり、一行一行の中に、

次を読みたいと感じさせる圧倒的な
エネルギーがこめられなければ、

文章は小説へと昇華しない。

(稚拙な表現しかできないながら、

浅ましくも私はそう考えている)

皮肉にも、写真家とのコラボ作品として

構成された文章が、

内包するその力を圧倒的な力を持つ

「写真」という媒体の前で、

文章の構築する堅牢な作品世界を誇示しているのが、

はっきりと見てとれる。

同時に、書き手としては、文章を小説として

昇華させることの難しさと、

得てして不利になりがちな

文章表現の可能性を教えてくれる良書でもあった。

もちろん読み手としては、感じるところも多かったことは

言うまでもない。


読後の穏やかな清涼感を残しながら、

今夜は一人で色々なことを

胸に写してみようと思う。

| | Comments (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »