« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

December 29, 2005

すみませぬ

おゆるしくだされ

あまりに忙しくて、メルマガ小説を流すのが

いっぱいいっぱいです。

うーむ、今年はいろいろあって、盆も正月もあったもんじゃないのさ

すまんこってす

| | Comments (0)

December 17, 2005

サンタクロースって本当にいるんだよ

サンタクロースって本当にいるんだよ

本当はね、
毎年君のそばにやってきて
次の年を楽しく過ごせるように

心の中にとても素敵なプレゼントを
そっと置いていってくれるんだよ。

大人になったら、心の目を開いて物事を見なくなるから
会えなくなる気がするだけなんだ

サンタクロースって本当にいるんだよ
ほんとだよ

だって
目には見えないけど

ちゃんと自分のそばにいてくれるものって、
たくさんあるでしょ

空気だってそうだし、心だってそうだし、
愛情だってそうでしょ

ほんとはね
目に見えないものほど

人が生きていくために
とっても大事なものって多いんだ。

もし、さみしかったり苦しかったり
悲しくてたまらないことがあったら

今年のクリスマスは
そっと目を閉じて

来年一年が楽しくすごせるような
プレゼントがもらえるように
サンタクロースにお願いしてごらん

そしたらね
今は、さみしくても、苦しくても、悲しくても
毎日の中で、見えなかったしあわせに気づけて
あたたかい気持ちになれるよ。

それはね、サンタクロースからの
プレゼントが届いた証拠なんだ

ほんのひとかけらの
しあわせに気づけるようになったら
もうだいじょうぶ

しあわせはね
しあわせを
たくさんたくさん呼んできてくれるからね

そして、君がしあわせでおなかいっぱいになったら
あまったしあわせは
まわりの人におじゃまして

その人も幸せにしてくれるんだ。

わかったかい?

不幸を望んじゃダメだよ
今ある幸せを疑ってもだめ

そして目の前にある幸せは素直に受け取ろうね

君が幸せになることは
みんなを幸せにすることでもあるんだ

さあ、クリスマスまで祈ろう
君がしあわせに気づけるように

そしてもっともっとたくさんの幸せで満たされるように

| | Comments (0)

December 09, 2005

あっという間に

12月も10日ですね。
今年もあと三週間で終わりですよ。
時間が過ぎるのって早いっすね。

相変わらず忙殺される毎日を送っているのですが、
ほっとくと自分の作品を
いつまでも書かない「なまけもの」なので
(前世は木の上で一日寝ながら
生活してたに違いありません)

小説「桜の舞う空の下で」のメルマガだけは
必死扱いて流してます。

よく考えるとこの作品、自分の脳内では、
2年ほど前に完結していたのですが
文章に起こす余裕がなく

(プライベートな話で恐縮ですが、
その間に両親が立て続けに亡くなったりして
すっかり疲弊しきってしまったので)

ようやく、作品という形になって
みなさんにお届けできてるって感じですね。

初稿をダイレクトにメールで複数の方にお送りする
「メルマガ小説」っていうのも
実験的で面白いのですが、
やっぱり原稿用紙で500枚を越える作品になると
かなり厳しいものがありますね。

やはり縦書きで読むのが基本の
日本語ゆえの性なのかもしれませんが

とはいえ、従来の紙媒体だけでなく、
こうやって多くの方に作品をご覧いただく
メディアが増えているわけですから、
いろんなことを実験してみないといけないですね。

プロの物書きは作品を創造するだけじゃなくて、
マーケティングも考えられることが
重要視されてきていますからね。

まあ、それは少し早いですが、来年の課題かな

とりあえず残された今年の時間、
最後まで頑張ってテキストを書いていきたいと思います。

年末はみなさんは、いかがお過ごしですか?

楽しい時間になるよう、お祈りしていますね。

松沢直樹 拝

| | Comments (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »